『かわいい』が生まれる場所。

Amazon商品を返品するなら郵便局!梱包から発送までを徹底ガイド

Amazon商品を返品するなら郵便局!梱包から発送までを徹底ガイド

ネットショッピングでお買い物をしていると、時には頼んだ商品が違ったり、使おうとしたら故障していたりということもありますよね。

しかし、ネットショッピングの大手であるAmazonでは、ほとんどの商品において返品が可能なのはご存知ですか?

面倒な返品作業、安い買い物ならもういいかと諦めてしまっている方もいるでしょう。Amazonでは返品方法も郵便局を使えば簡単です。返品条件もお客様都合でもOKな好待遇です。

今回は、Amazonでの返品方法をご紹介します!最後までチェックして安心してショッピングを楽しんでくださいね!

Amazon商品を郵便局で返品するメリット

Amazon商品を返品する時にはコンビニや配送業者を利用して行えます。

なかでも、郵便局を利用しての返品にはいくつかメリットがあります。もし返品したい物がメリットに当てはまるものだったら、ぜひ郵便局を使いましょう。

集荷依頼ができる

集荷依頼

Amazonのサイト上で返品手続きをすると、そのまま日本郵便の集荷サービスを利用することができます。

大型の商品であったり、郵便局に持っていくにも車などがなくてちょっと遠いという時にも便利です。

できるだけ人との接触を減らす事も出来るので、現在の生活スタイルにもピッタリでしょう。WEB上での依頼だけでなく、電話でも集荷をお願い出来ます。

着払いか元払いかを選べる

伝票

集荷依頼をする際に、着払いか元払いかも事前に選択できるようになっています。返品手続き後に着払い・元払いを選ぶと郵便局のHPに飛んで、集荷手続きが可能です。

集荷に必要な個人情報や集荷の時間帯などを指定するだけで手続きは終わります。

また、WEB上で配送先や配送元の住所を入れておくので、集荷に来てもらった際には着払い・元払いの伝票を郵便局側が作って持ってきてくれます。

郵便局に行き慣れていない人は伝票がどこか探すのも手間ですよね。さらに伝票を書くのって結構時間を取られるので面倒だと思っている方も多いのではないでしょうか。

集荷依頼をするとWEBで書いたものを全部伝票にプリントしてくれて楽ちんです。伝票も書かなくて良し、荷物を持って行かなくても良しでメリットが沢山です。

物によっては安くなることもある

日本郵便では様々なサービスがあり、配送料を安く抑えることが出来る場合があります。

全国一律で送料が185円のクリックポスト、商品の厚さによって料金が250~350円まで変わるゆうパケット、重量が4㎏以内であればレターパックなどポスト投函できるものや追跡サービスが付いたものもあります。

レターパック等はコンビニで買える場所もあるので、時間帯を選ばず用意ができて便利です。また、高額な商品の返品では無事に返送完了するまでなかなか安心できませんよね。そんな時に追跡サービスがあれば、不安も解消されることでしょう。

その他に、定形外郵便でサイズの大きい商品を送る方法もあります。大きくて重い物には向きませんが、小ぶりや軽い物は圧倒的に日本郵便が安く済みます。

商品が届いたときは凄く大きい段ボールなのに、開けてみたら、ちょこんと小さな商品が入っている時もありますよね。返品時はコンパクトにして配送料を安くしてしまいましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。