『かわいい』が生まれる場所。

【お得なのはどれ?】楽天ペイのチャージ方法を詳しく解説するよ!

【お得なのはどれ?】楽天ペイのチャージ方法を詳しく解説するよ!

キャッシュレス決済アプリといえば、iPhoneやAndroidのOSを搭載したスマホを使って決済ができるサービスですよね。

コンビニやショッピングモールなど、あらゆるお店で利用できます。

この支払い方法を利用すれば、現金を財布から出す必要がありません。小銭などの計算をしながら買い物をすることもなくなるので、スマートなショッピングを実現できます!

そこで今回は、数あるアプリの中でも人気のアプリの1つとして知られている『楽天ペイ』について解説します!

楽天ペイの中にもいろいろな決済方法が用意されています。特に重要となる動作は『入金(チャージ)』です。買い物をする前に残高を入金した上で決済するケースが多いので、入金方法をこちらでマスターしてしまいましょう。

【楽天ペイ】アプリでチャージするには「楽天キャッシュ」へ

まずは、楽天ペイで入金の仕組みに関する基本的な概要についてです。楽天ペイでは、クレジットカードからの決済に設定していない場合は、入金作業が必要になります。

一旦残高に入金することで、その範囲内で決済ができるということになります。その際に登場するのが『楽天キャッシュ』というものです。この『楽天キャッシュ』とは一体なんなのでしょうか。

「楽天キャッシュ」は電子マネーの1つ

楽天ペイで登場する『楽天キャッシュ』とは、電子マネーの1つとして提供されているものです。楽天ペイでの入金は、『楽天キャッシュ』の残高という形で反映されていきます。

最終的に支払い元を楽天キャッシュで設定しておけば、楽天ペイはその残高を認識して支払いを行ってくれるという仕組みです。

最初は混同しがちですが、楽天ペイを楽天キャッシュに入金をしてから支払いをする動作を大まかに覚えておいてください。もちろんこの方法でなくても楽天ペイのアプリを使うこともできます。

アプリで残高の確認ができる

ある程度使っていると、実際にどれだけ買い物で残高を消費したのか気になりますよね。

そんな時でも心配ありません。スマホアプリを起動することで、いつでも残高をチェックできるような仕様になっています。いつでも残りの金額が把握できるので安心してください。

残高のチェックが簡単にできる仕様なので、買い物で焦ることが少なくなります。
 

【楽天ペイ】楽天キャッシュにチャージする方法は?

ここからは、楽天キャッシュにチャージする方法を紹介します。

楽天キャッシュに入金する方法としては、全部で3つあります。

シチュエーションや使用状況によって選べるのが良い点ですよね。好きな手順で入金できるようにしておくことをおすすめします。

①楽天銀行から

1つ目は、楽天銀行から残高を入金する方法です。最も一般的な方法といっても良いでしょう。

銀行口座の情報を楽天ペイのアプリで設定しておくことで、いつでも好きな金額を入金して決済に充てることが可能です。楽天銀行を利用することで、銀行の利用ポイントなども併せてゲットできます。

せっかくお得に利用するのであれば、多めにポイント獲得したいですよね!今楽天銀行の口座を持っているとい方は、この機会に設定してみることをおすすめします。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。