『かわいい』が生まれる場所。

【海外ではあたりまえ!】PayPalの使い方を詳しく解説するよ!

【海外ではあたりまえ!】PayPalの使い方を詳しく解説するよ!

最近、スマホ決済やオンライン決済を利用する人が増えています。なかでも「PayPal」は大変画期的で、世界中で多くの人々・企業が導入しているオンライン決済システムです。

通常、オンラインで決済する際は、各サイトごとに利用するクレジットカードなどを登録する必要があるもの。しかし、PayPalに利用クレジットカードや引き落とし口座をあらかじめ登録しておきPaypal経由で支払えば、各サイトで支払い方法を設定する必要がありません。

また、PayPalを使えば、アカウントを持っている個人に送金したり、グループでのやり取りも可能です。

そこで本記事では、PayPalの使い方について詳しく解説していきます。

PayPalの使い方《登録する》

Paypalを経由して支払えば、各サイトで支払情報を登録する手間が省けるので大変便利です。PayPalのIDとパスワードさえ入力すれば、PayPalでの決済が可能になります。

PayPalを利用するには、まず支払者側の登録が必要になります。

アカウントを作成する

まずはPayPalに自分自身のアカウントを作成しましょう。

スマホアプリ

スマホの場合はアプリをインストールしてアプリを立ち上げます。下に「新規登録」というボタンがあるのでそちらに進んでください。

登録

PC

PCの場合は、トップページの右上にある「新規登録」ボタンから行いましょう。

登録

アプリもしくはPCで新規登録ボタンを押したら、最初に電話番号の入力が必要です。電話番号を入力したら、SMSに送られてきたコードを入力し、住所氏名を登録してください。

支払い情報を登録する

次に、支払情報の登録です。
クレジットカードや銀行口座を登録しなければいけません。必要事項を入力して「アカウントを開設」というボタンを押せば、登録完了。

登録

たったこれだけで、PayPalを窓口としたオンライン決済が可能になります。登録に、手間はほとんどかかりません。

アプリの場合は、上部真ん中にある人型マークのボタン、もしくは右上の歯車マークを押してアカウントページを表示させます。

追加登録

その中から「銀行とカード」という項目を選択し、右上の「+」ボタンで情報を追加してください。

追加登録

追加登録

あとは、銀行口座もしくはクレジットカードのどちらかを選択した上で、必要な情報を入力すればOK。

銀行口座を登録する場合、アプリでの登録ができないため、ブラウザに遷移されます。登録する銀行・名義人氏名・口座番号などを入力すると、登録銀行のページにて口座振替の設定に誘導されるので、それに従って進んでください。

登録できるカード・口座一覧

支払い方法として、クレジットカードや引き落とす銀行口座の登録が必要です。PayPalでは、利用できるカードや口座が決められているので、自分が持っているカードや口座で利用できるかどうかをあらかじめ確認しておく必要があります。

以下の表を見て、自分が利用できるかどうかを確認してみましょう。
もし、該当の口座・カードを持っていない場合は、PayPalに対応しているカードや口座を新規で作りましょう。

登録

POINT

  1. PayPalのログイン情報だけでオンライン決済可能
  2. アカウント登録が簡単
  3. 使えるクレジットカード・銀行口座が決まっている

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。