『かわいい』が生まれる場所。

【AnyTrans for Cloud】とは?機能や使い方をご紹介!

【AnyTrans for Cloud】とは?機能や使い方をご紹介!

スマホを利用していれば、多くの人が知らず知らずのうちにクラウドサービスを利用しています。

クラウドに関係している「AnyTrans for Cloud」というツールを知っていますか?複数のクラウドを利用している人におすすめのサービスです。

今回の記事では、このAnyTrans for Cloudの機能や使い方についてご紹介します。

【AnyTrans for Cloud】どんな機能なの?

サービス名に「Cloud」と入っているので、クラウドに関係するサービスであることはわかります。

しかし、「AnyTrans for Cloud」は普通のクラウドサービスとは異なります。まずは、どのようなサービスなのかご紹介します。

クラウドストレージファイルを一括管理できるツール

「AnyTrans for Cloud」とは、それ自体がクラウドとしての機能を持っているものではなく、クラウドサービスをまとめて管理ができるサービスです。

複数のアカウントを管理することもできます。用途に合わせて、Googleアカウントを分けて持っている人もいます。

そのように分けて持っているアカウントの情報・データも、AnyTrans for Cloudを利用することで、1つの場所で管理することができるのです。

サービスを分けて使っていると、それぞれでブラウザやアプリを開く必要がありますが、そのような手間を省くことができるので便利です。

データの共有にも便利

複数のアカウント・データをその1つで管理できるため、データを共有させるのも簡単にできます。

違う場所に保存しているデータも、AnyTrans for Cloudを開き、キーワード検索するだけでファイルを見るけることができます。

GoogleのクラウドとiCloud両方利用している方であれば、クラウド間のデータ移行に手間取ったことがあるのではないでしょうか?AnyTrans for Cloudはサービスの種類を問わないので、とても便利です。

また、AnyTrans for Cloudを使えばその中ですべての確認ができるので、わざわざデータを移行させる必要もありません。

【AnyTrans for Cloud】メリット・デメリット

AnyTrans for Cloudは、複数のクラウドサービスをまとめるサービスであることがわかりました。

では、メリット・デメリットはどのようなところにあるのでしょうか?便利なサービスですが、どのようなサービスでもデメリットはあるので、確認しておいてください。

【メリット】Mac・Windows両方で使える

MacとWindowsでは、仕様が大きく違います。

そのため、便利なサービスでも両方のPCで使えないことがあるのです。しかし、このAnyTrans for CloudであればどちらのPCにも対応しています。PCを買い換えたときにも、問題なく利用できるので安心です。

また、複数台の端末でデータの共有をしたい場合にも、端末に関わらず利用できるのは大きなメリットでしょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。