『かわいい』が生まれる場所。

【iTunes】インストールできないときの対処法を教えて

【iTunes】インストールできないときの対処法を教えて

iPhoneのバックアップを取る時や、音楽などのデータを管理するのにiTunesを使うと便利です。

iTunesはApple公式サイトやMicrosoft Storeで簡単にインストールできますが、何らかの原因でiTunesがインストールできなくなることがあります。

では、このような問題が起こった時、どのように対処していけば良いのでしょうか?

そこで今回は、iTunesをインストールできない時の原因と対処法について詳しく解説していきます。

【iTunes】インストールできない原因《Mac・Windows》

MacやWindowsでiTunesをインストールできない原因として、主に以下の4つがあります。

  • OSが最新のiTunesに対応していない
  • セキュリティソフトなど他のソフトが影響している
  • 通信環境が悪い
  • セットアップファイルのビット数が間違っている

では、以上の4つの原因をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

OSが最新のiTunesに対応していない

iTunesがインストールできない場合、PCのOSが最新のiTunesに対応していないのが原因として考えられます。

古いOSが搭載されたPCを使っている場合、最新のiTunesはインストールできないため、そのOSに対応している古いバージョンのiTunesをインストールする必要があります。

セキュリティソフトなど他のソフトが影響している

PCがウイルスに感染してしまうのを防ぐため、「ウイルスバスター」や「ノートン」などのセキュリティソフトをPCに入れている方がほとんどだと思います。

ですが、このセキュリティソフトがiTunesのインストールをブロックしてしまっている可能性もあります。

また、他のソフトを起動しながらiTunesをインストールする時も失敗してしまう場合があるので、起動中のソフトを全て終了させてから、もう一度インストールを試してみて下さい。

通信環境が悪い

iTunesのインストールに失敗してしまう場合、通信環境に問題がある可能性も考えられます。

そのため、ネットワークの接続が途切れていた場合は接続し直す、電波が弱い場合は別のネットワークに接続するなどして、通信環境を改善してみましょう。

セットアップファイルのビット数が間違っている

WindowsのPCを使っている場合、セットアップファイルのビット数が間違っているとiTunesのインストールに失敗してしまいます。

Windowsには32bit版と64bit版があり、Windows用のiTunesのセットアップファイルにも32bit版と64bit版の2種類があります。

セットアップファイルのビット数が間違っている

iTunesをインストールするには、PCとセットアップファイルのビット数を合わせる必要があるので、32bit版のPCで64bit版のセットアップファイル、64bit版のPCで64bit版のセットアップファイルを起動してもインストールが実行されません。

そのため、まずはPCのビット数を正確に把握してから、それに合ったセットアップファイルを再度ダウンロードしてみて下さい。

PCのビット数を確認する方法は以下の通りです。

画面左下のスタートボタンをクリックします。

スタートボタンをクリック

メニューを開いたら、歯車アイコン(設定)をクリックしましょう。

歯車アイコン(設定)をクリック

設定画面を開いたら、「システム」を選択して下さい。

「システム」を選択

左メニューの一番下に表示されている「バージョン情報」をクリックします。

「バージョン情報」をクリック

「デバイスの仕様」の「システムの種類」でPCのビット数を確認できます。

PCのビット数を確認

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。