『かわいい』が生まれる場所。

【Google Chrome】「ページが応答しません」の原因と対処法

【Google Chrome】「ページが応答しません」の原因と対処法

Google Chromeで「ページが応答しません」というエラーが表示されたことはありませんか?

実はこの問題、簡単な操作で直ることがほとんどなんです。

そこで今回は、Chromeで「ページが表示されません」と表示される原因や対処法を解説します!

キャッシュ削除やバージョンアップ、再起動など、1つずつ確認していきましょう。

Contents[OPEN]

【Google Chrome】「ページが応答しません」と表示される原因

Google Chromeで「ページが応答しません」と表示される原因は、大きく分けて3つあります。

POINT

  1. 端末のメモリやデータ通信量の問題
  2. 閲覧しているサイトの問題
  3. Google Chromeや端末のエラー

原因を理解することで対処法も特定でき、解決にぐっと近づきます!

対処法を解説する前に、まずは原因を見ていきましょう。

タブの開き過ぎ

タブとは、Google Chromeの画面上部にあるWEBサイトを切り替える機能のことです。

複数のサイトを切り替えて閲覧するのに便利な機能ですが、タブを開きすぎると端末のメモリ消費やデータ通信量が増えていきます。

メモリは端末の性能、通信量は回線の種類や通信性能によって決まっており、WEBサイトのデータ量が一定を超えると、ページが表示されなくなる場合があります。

どのサイトを開こうとしても「ページが応答しません」と表示される症状が頻発する場合は、WEBページの総データ量が端末の性能を上回っていることが原因と考えられるでしょう。

キャッシュが溜まっている

キャッシュとは、以前訪れたサイトのデータを一時的に保存しておくファイルのことです。

キャッシュは自動的に保存され、2回目以降に同じサイトを訪れた時に読み込みを速くする効果があります。

ただし、キャッシュはデータ通信速度を補助してくれる代わりに、メモリを消費するのが難点です。

キャッシュが溜まりすぎることでメモリを圧迫し、Google Chromeの「ページが表示されません」という症状に繋がる本末転倒な結果になることがあります。

サイトが重くなっている

特定のサイトだけが開けない・重いなどの場合、考えられるのはサイト側の問題です。

最も多いのがサイトのサーバーエラーなどで通信できなくなっているケース。こちらでは対処できない場合が多いです。

または、サイトとGoogle Chromeとの相性が悪いケースもあります。

最後に、サイト自体のデータ量が大きいため、通信が切れやすくなっている場合もあります。総じてサイト側の設計上の問題であることが多いです。

Google Chromeのバージョンが古い

Google Chromeを更新していない場合、WEBサイトが応答しにくくなることも考えられます。

Google Chromeは定期的にバージョンアップされており、機能が追加されたり仕様が変更されたりしています。

WEBサイト側も更新に合わせて仕様変更をする場合があり、古いバージョンのまま使用しているとchromeの「ページが応答しません」エラーに繋がることがあります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。