『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】自動ロックするまでの時間設定を変更する方法とは?

【iPhone】自動ロックするまでの時間設定を変更する方法とは?

iPhoneには、しばらく操作をおこなわないと自動的にロックをかけてくれる機能が搭載されています。

実は、このロックがかかるまでの時間は、設定画面で変更することが可能です。

この記事では、時間設定を変更する方法や、変更できない時の原因と対処法について詳しく説明していきます。

【iPhone】気になる時間の前に!自動ロックの機能をおさらい!

時間設定を変更する方法を知る前に、まずはiPhoneの自動ロックの機能を改めておさらいしておきましょう。

操作されないと画面がロックされる

自動ロック

iPhoneに備わっている「自動ロック」とは、iPhoneを一定時間操作しないと自動的にロックをかけてくれる機能のことです。

ロックを解除しないと、緊急通報先(警察、海上保安庁、消防・救急)との通話と「メディカルID」の閲覧以外の操作は行えなくなります。

iPhoneは電源ボタン(スリープボタン)を押すことでロックをかけられますが、手動だとうっかりロックをかけ忘れてしまう可能性があります。

ですが、この機能を使えば、ロックをかけ忘れてしまう心配がありません。

自動ロック機能のメリット

ロックをかけていないiPhoneをバッグやポケットの中に入れたり、子供の手が届く場所に放置していると、誤操作で電話をかけてしまったり、子供が勝手に操作してしまう可能性があります。

また、iPhoneには、連絡先やWebサイトの閲覧履歴、LINEやメールのやり取り、クレジットカードの番号といった重要な情報がたくさん入っています。

ロックをかけていない状態でiPhoneを紛失してしまった場合、第三者にそれらの情報を盗み取られて悪用されてしまう恐れがあります。

ですが、この機能があればロックをかけ忘れることがないので、誤操作や情報漏洩などのリスクを軽減できます。

パスコードは必ず設定しておくこと

大半の方はiPhoneにパスコードを設定していると思いますが、中には、入力が面倒でパスコードをオフにしている方もいると思います。

ですが、パスコードを設定していないと、自動ロックがかかってもiPhone X以降の機種では上にスワイプ、iPhone 8以前の機種ではホームボタンを押すだけで、簡単にロックを解除できてしまいます。

これだとiPhoneを失くしてしまった時、第三者にロックを解除されてデータを盗み取られてしまうかもしれないので、それを防ぐために必ずパスコードを設定しておきましょう。

パスコードを設定しておけば、ロックを解除する時に入力を求められるので悪用されるのを防げます。

ロック解除時にパスコードの入力が必要

パスコードは最初に6桁の数字を入力するように求められますが、「パスコードオプション」をタップすれば4桁の数字やそれ以上の桁数に変更できます。

パスコードオプション

  • カスタム(任意の桁数)の英数字コード
  • カスタム(任意の桁数)の数字コード
  • 6桁の数字コード
  • 4桁の数字コード

ただ、4桁の数字だと第三者に推測されやすいので、6桁かそれ以上の桁数でパスコードを設定することをおすすめします。

また、「123456」や「1111111」などの連続した数字や生年月日なども推測されやすいので注意して下さい。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。