スマホで見つける、もっと可愛い私

【iCloud Driveの使い方】スマホ・PCでの基本操作を解説!

【iCloud Driveの使い方】スマホ・PCでの基本操作を解説!

スマホを使っていると容量に限界が来てしまい、保存したいものが保存できない、という事態になることもあるでしょう。

そんな時に便利なのが、オンラインのストレージサービス。

今、さまざまなストレージサービスが出ており、写真などを外部ストレージに保存することで、スマホ本体の容量を節約できるとあって、利用する人が多く見られます。

そんなサービスの1つが、Appleが提供している「iCloud Drive」です。

iPhoneユーザーであれば誰でも利用できるうえに、さまざまなデバイスからアクセスできるとあって大変便利なツールです。

そこで今回は、iCloud Driveについての概要や使い方について詳しく解説します。

Contents[OPEN]

【iCloud Driveの使い方】そもそもどんなサービスなの?

今出ているオンラインストレージサービスは、無料のもの・有料のものなどさまざまです。

そこでまずは、iCloud Driveがどのようなサービスなのかについておさらいしておきましょう。

ファイル保存が可能なクラウドストレージサービス

iCloud DriveはiCloudにあるサービスの1つで、データを保存する機能があるものです。

外部ストレージサービスの中には、写真や動画に特化したものもあるのですが、中にはそれに加えてExcelやPDFなどのさまざまなファイルを保存できるものもあります。

iCloud Driveがまさにそれに当たるのです。

それらのファイルをiCloud Driveに保存すれば、共有を許可した相手であればファイルを確認できたり、設定次第ではファイルに手を加えたりもできます。

仕事上、複数人で共有したいファイルやデータなどがある場合は、iCloud Driveに保存しておくのも1つの手でしょう。

無料で5GBの容量が使える!

iCloud Driveを利用する上で気になるのが料金ですよね。

iPhoneなどのApple製品を購入した場合、Appleのサービスを使うために、まずAppleIDを設定しなくてはいけません。

AppleIDが作成されると、5GBまでは無料でストレージを利用できるようになります。

5GBと言われても、どれくらいのデータ量なのかがパッと思い浮かばないかもしれません。

例えば、1枚当たり2.5MBの写真であれば約2000枚、それよりも画質の良い画像やデータ量の多い動画であれば、保存枚数はさらに少なくなるでしょう。

ただし、上記の数値はいずれも5GBをまるまる写真や動画の保存に使える場合の保存可能枚数です。

また、5GBはiCloud全体における上限容量。

そのため、iPhone本体に入っているデータを定期的にiCloudにバックアップすることを考えると、バックアップデータに加えて上記のようなデータ量の保存を5GBでまかなうのは不可能に近いでしょう。

そのため、iCloudの使い方によっては、ストレージをアップグレードする人もいます。

容量と月額料金について

5GBでは足りない場合は、ストレージのアップグレードがおすすめです。

バックアップを取ることを考えると、念のため50GBを確保しておいた方が良い、とも言われています。

iCloud Driveは5GBまでは無料なのですが、それ以上にアップグレードする場合は、確保するデータ量に応じて月額料金を払わなくてはいけません。

容量と月額料金は下図の通りです。

月額130円で50GBまでアップグレードできるので、5GBでは不安という人は50GBくらいにしておいても良いかもしれませんね。

iCloud Driveの容量と月額料金は以下の通りです。

POINT

  • 50GB:130円
  • 200GB:400円
  • 2TB:1300円

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。