『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】SDカードリーダーの使い方を解説!写真のシェアも簡単

【iPhone】SDカードリーダーの使い方を解説!写真のシェアも簡単

データのバックアップやストレージを節約したい時に便利なのが「SDカード」です。AndroidやPCなら直接SDカードを挿入してデータをやり取りすることが可能ですが、iPhoneでSDカードを使うにはiPhoneと接続できる「SDカードリーダー」が必要になります。

SDカードリーダーがあれば、デジカメの写真を直接iPhoneで取り込めるようになったり、容量不足解消のためにiPhoneのデータをSDカードに転送したりできるのでより快適にデータを管理できるようになります。

この記事では、iPhoneでSDカードリーダーを使う方法について詳しく説明していきます。

【iPhone】SDカードリーダーの使い方《対応アクセサリの準備》

SDカードのデータをiPhoneで読み込んだり、iPhoneのデータをSDカードに書き込んだりするには、まずiPhoneに対応しているSDカードリーダーを用意する必要があります。

カードリーダーは3種類!

SDカードリーダーはiPhoneなどのデバイスに接続して使用するものですが、iPhoneに対応している接続方法には大きく分けて以下の3種類があります。

  1. Lightning
  2. USB Type-C
  3. Wi-Fi

では、以上の3種類の接続方法についてそれぞれ説明していきます。

タイプ①Lightning

Lightning

出典:Apple公式サイト

「Lightning」とは、iPhoneやiPad、iPod Touchなどのモバイルデバイス向けに開発されたApple独自の接続規格のことです。コネクタの裏表を気にすることなくどちらの方向からでもケーブルを差し込めるのが特徴です。このタイプのSDカードリーダーは、Lightningポートを搭載している機種で使用できます。

  • iPhone(5以降)
  • iPad(第4世代以降)
  • iPad mini(全世代)
  • 12.9インチ iPad Pro(第1~2世代)
  • 10.5インチ iPad Pro
  • 9.7インチ iPad Pro
  • iPad Air(第1~3世代)
  • iPod Touch(第5世代以降)

「Lightning」はApple独自の接続規格なので、Androidのスマホやタブレット、PCなどApple以外のデバイスには対応していません。

タイプ②USB Type-C

Lightning

出典:Amazon公式サイト

「USB Type-C」は、転送規格の「USB3.1Gen2」に対応した新しい接続規格のことです。先ほどご紹介した「Lightning」と同様に、裏表に関係なくケーブルを差し込めるのが特徴です。このタイプのSDカードリーダーは、USB-Cポートを搭載している機種で使用できます。

  • 11インチ iPad Pro(第1~2世代)
  • 12.9インチ iPad Pro(第3~4世代)
  • iPad Air(第4世代)

「USB Type-C」は、AndroidやPCなど様々なデバイスに幅広く対応している接続規格ですがiPhoneには対応していないので、iPhoneで使う場合は間違えて購入しないように注意して下さい。

タイプ③Wi-Fi

Lightning

出典:Amazon公式サイト

Wi-FiタイプのSDカードリーダーは、文字通りケーブルを使わず無線で接続できます。コネクタの形状を気にする必要がなく、Wi-Fi 環境さえあれば様々なデバイスに接続できるので、AndroidのスマホやPCなどiPhone以外のデバイスでも使いたい方におすすめのタイプです。

ただ、他のタイプと比べると製品の数が少なくて価格も高く、サイズも大きくてかさばるものが多いので注意が必要です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。