『かわいい』が生まれる場所。

Googleドライブにアップロードする方法!便利機能で作業効率UP

Googleドライブにアップロードする方法!便利機能で作業効率UP

スマホやPCのデータ保存容量が足りないという方は、ファイルをGoogleドライブにアップロードするのがおすすめです。

Googleドライブには、ファイルをアップロードするだけでなく作業効率が上がる便利な機能があります。

しかし、Googleドライブの使い方が分からないと悩んでいる方もいるでしょう。

そこで今回は、Googleドライブにアップロードする方法や便利機能について詳しく説明します。

上手くアップロードできない原因や対処方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Googleのアカウントがある方は、使い方が分かればすぐに利用できますよ!

「Google ドライブ」にデータをアップロードをしたい!

まずは、Google ドライブにデータをアップロードする際に知っておきたい情報を説明していきます。

「Google ドライブ」とは?

Googleドライブとは、Googleが用意したオンラインストレージサービスのことです。

オンラインにデータをアップロードするため、同じGoogleアカウントを使っている場合はスマホだけでなくPCからもアクセスできます。

アップロードできるファイル形式

対応しているファイルは、MP4をはじめとする動画ファイル、画像ファイルのJPG、圧縮ファイルのZIP、音声ファイル、ドキュメントなどです。

あらゆる形式のファイルが保存できるため、ビジネスでも利用されています。

アップロードできる容量

個人アカウントの場合は、15GBが無料で使えるストレージの上限です。

また、ファイルサイズにも上限があるので注意してください。

ドキュメントは半角102万文字まで、スプレッドシートでは5万文字以下など、ファイルによって細かく制限が決まっています。

ファイルが大きいかもしれないと感じたときは、事前にファイルサイズを確認しておくと安心です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。