『かわいい』が生まれる場所。

Apple Musicのお支払い方法は4種類!自分にピッタリのプランは?

Apple Musicのお支払い方法は4種類!自分にピッタリのプランは?

Apple Musicの支払い方法は4種類

Apple Musicの支払い方法は4種類用意されています。

複数の方法が用意されているため、誰でも登録しやすいのもメリットの1つです。

ここからは、どのような支払い方法があるのかについて詳しく解説していきます。

ポイントもしっかり貯めたいなら「クレジットカード」

1つ目にご紹介するのは「クレジットカード」です。

クレジットカードを支払い方法に登録すると、毎月専用のポイントを貯めることができます。 

ポイントを普段から貯めている方は、クレジットカードでの登録がおすすめです。

1ヶ月間に貯まるポイント数は少ないかもしれませんが、長期間利用するのであればポイント数も多くなるので、無駄なく貯めることができるでしょう。

気楽に使いたいなら「デビットカード・プリペイドカード」

「クレジットカードでは登録できるけれど、デビットカード・プリペイドカードでは登録できない!」というサービスは多くありますよね。

しかし、Apple Musicはデビットカード・プリペイドカードでも登録することが可能です!

そのため、クレジットカードを持っていない方でも手軽に登録して使いはじめることができます。

支払い窓口をまとめたいなら「キャリア決済」

月々の携帯代金と支払いをまとめる「キャリア決済」で登録することもできます。

キャリア決済であれば、申し込みするときに少ない入力で登録ができるため、手続きが簡単で、解約するときにもわかりやすいですよ。

これも、手軽に設定できる方法なので、とりあえずお試し期間だけ使いたい方におすすめの設定です。

クレジットカードが無い人は「App Store&iTunseギフトカード」

コンビニなどで購入できる「App Store&iTunseギフトカード」でも支払いの設定を行うことが可能です。

手軽に購入できて、カードなどの情報を登録する必要もないので、誰でも設定しやすい支払い方法ですよね。

購入したい金額も任意で選択することができるのもメリットです。

番外編!クレジットカードのように使えるバンドルカード

 

カードを実際には持っていなくても、スマホアプリでクレジットカードのように支払いに使えるサービスがあるのを知っていますか?

番外編として、カードを持っていなくても、同じように使える「バンドルカード」についてご紹介します。

バンドルカードは、クレジットカードとして支払方法に設定することができるため、「カード必須」のサービスにも登録可能です。

金額をチャージして利用するので、使いすぎなどの心配がないというメリットもあります。 

中には制限を設けているサービスもあるので、全てのサービスに必ず登録できるわけではありませんが、おすすめのスマホアプリです。

バンドルカードのチャージ方法

  • ポチっとチャージ
  • ドコモ払い
  • セブン銀行ATM
  • コンビニ
  • クレジットカード
  • ビットコイン
  • ビットコイン(bitFlyer)
  • ネット銀行
  • 銀行ATM(ペイジー)

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。