『かわいい』が生まれる場所。

【YouTube】画面が真っ黒になったときの対処法!原因も解説

【YouTube】画面が真っ黒になったときの対処法!原因も解説

世界最大の動画共有サービスの「YouTube」。

YouTubeには魅力的な動画がたくさんアップロードされていますが、動画を見ようとしたら何故か画面が真っ黒で見られない不具合が起こることがあります。

そこで今回は、YouTubeの画面が真っ黒になる原因やその対処法について解説していきます。

困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

【YouTube】画面が真っ黒になる原因は?

まずは、YouTubeの画面が真っ黒になってしまう原因を確認していきましょう。

画面が真っ黒になる原因としては、以下の5つが挙げられます。

  • ブラウザやアプリにキャッシュが溜まっている
  • ブラウザやアプリのバージョンが古い
  • 端末の動作が不安定
  • YouTubeの不具合
  • 動画演出の一部

では、以上の5つの原因をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

ブラウザやアプリにキャッシュが溜まっている

YouTubeの画面が真っ黒になるのは、ブラウザやアプリにキャッシュが溜まっているのが原因かもしれません。

「キャッシュ」とは、一度アクセスしたウェブページやアプリのデータを一時的に保管する仕組みのことです。

キャッシュを残すことによって、同じウェブページやアプリに再度アクセスした際、速やかにページを表示させることができます。

しかし、キャッシュは自分で削除しないとどんどんストレージ内に溜まってしまうので、それによってスマホやPCの動作が遅くなったり、不具合を起こしてしまう場合があります。

YouTubeの画面が真っ黒になっているのも、このキャッシュが原因となっている可能性があるので、一度ブラウザやYouTubeアプリのキャッシュを削除してみましょう。

ブラウザやアプリのバージョンが古い

使用しているブラウザやYouTubeアプリのバージョンが古いと、最新の機能に対応できませんし、古いバージョンで発生したバグを修正できません。

もしかすると、それが原因で画面が真っ黒になり再生に不具合が生じているのかもしれないので、常に最新版のブラウザやアプリを使用するようにしましょう。

端末の動作が不安定

OSや設定、通信環境などの問題によって使用している端末の動作が不安定になっており、それが原因でYouTubeの画面が真っ黒になってしまうこともあります。

このようなケースでは、端末の再起動や設定の見直しなどを行うことで不具合が解消される可能性が高いです。

YouTubeの不具合

YouTubeのシステムに不具合が起きていることが原因で、正常に動作しない場合もあります。

システムの不具合はユーザーが自力で何とかできるものではないので、不具合が解消されるまでしばらく待つしかありません。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。