スマホで見つける、もっと可愛い私

【YouTube】画面が真っ黒になったときの対処法!原因も解説

【YouTube】画面が真っ黒になったときの対処法!原因も解説

ハードウェアアクセラレーションを無効にする

PCでYouTubeの画面が真っ黒になったときは、ブラウザの設定画面を開いて「>ハードウェアアクセラレーション」という設定を無効にしてみて下さい。

ここでは、Google Chromeで無効にする手順をご紹介します。

Google Chromeを起動します。画面右上の「…(縦)」のアイコンをクリックしましょう。

「…(縦)」のアイコンをクリック

メニューを開いたら、「設定」を選択して下さい。

「設定」を選択

設定画面を開いたら、画面を下へスクロールさせて「詳細設定」をクリックします。

「詳細設定」をクリック

「ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する」がオンになっていた場合は、スイッチをクリックして設定をオフに切り替えましょう。

「ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する」をオフ

【YouTube】画面が真っ黒なときの対処法は他の不具合でも有効かも!

YouTubeでは、動画の画面が真っ黒になるという不具合以外にも、

  • 動画が重くてカクつく
  • 映像だけ流れて音声が聞こえない
  • エラーが出て再生できない

といった不具合が起こることもあります。

これらの不具合は、先ほどご紹介した画面が真っ黒なときの対処法で改善する場合もあるので、実際に不具合が起きたときは一度対処法を試してみて下さい。

動画が重いとき

YouTubeで動画を再生したとき、映像がカクカクして快適に視聴できないことがあります。

これは、通信環境の問題やアプリ・ブラウザ・端末の不具合、メモリ不足などで引き起こされることが多いです。

この場合は、以下の対処法が有効です。

  • 電波を受信しやすい場所に移動してからネットに再接続する
  • 速度制限にかかっている場合はWi-Fiに接続する
  • YouTubeアプリやブラウザ、端末を再起動する
  • ブラウザのタブを複数開いている場合は、YouTube以外のタブを閉じる
  • バックグラウンドで動いている他のアプリを終了させる

動画の音声が聞こえないとき

YouTubeでは、映像は流れるのに音声だけ聞こえない現象が起きることもあります。

これは、端末やYouTubeの音量設定がミュートになっているか、アプリ・ブラウザ・端末の不具合が原因となっている可能性が高いです。

この場合は、以下の対処法が有効です。

  • 端末やYouTubeの音量がミュートになっていないか確認する
  • YouTubeアプリやブラウザ、端末を再起動する
  • 他の動画サイトで音声が聞こえるか確認する
  • そもそも無音の動画を再生していないか確認する

エラーが発生したとき

YouTubeで動画を再生しようとしたとき、「エラーが発生しました」や「問題が発生しました」などのエラーメッセージが表示されることがあります。

この場合は、以下の対処法が有効です。

  • YouTubeアプリやブラウザを最新版にアップデートする
  • YouTubeアプリやブラウザ、端末を再起動する
  • ブラウザのタブを複数開いている場合は、YouTube以外のタブを閉じる
  • Google Chromeのブラウザを使用する

画面が真っ黒になっても落ち着いて対処しよう!

YouTubeの画面が真っ黒になる不具合は、キャッシュの溜まりすぎやアプリ・ブラウザのバージョンが古い、端末の動作が不安定になっているなど、様々な原因によって引き起こされます。

もし、実際に画面が真っ黒になって動画が見れなくなってしまった場合は、キャッシュの削除やアプリ・ブラウザのアップデート、端末の再起動など今回ご紹介した対処法を試してみて下さい。

ちなみに、これらの対処法は「動画が重い」「音声だけが流れる」といった他の不具合が発生したときにも使える方法なので、YouTubeをよく利用する方は覚えておきましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。