『かわいい』が生まれる場所。

【Twitter】リツイートできない!原因は簡単なことだった!

【Twitter】リツイートできない!原因は簡単なことだった!

SNSアプリの中で最も拡散性が高く、手軽に日常の出来事をつぶやけるTwitter。

社会的な地位や立場に関係なく、誰でも積極的に自分の意見をツイートできるTwitterはその意味で重要なSNSと言えるかもしれません。

ところが、Twitterユーザーの間で、リツイートができないという問題が生じているようです。

Twitterアプリでツイートができない原因や対処法についてこの記事で詳しく説明します。

Twitterでリツイートできない!原因は?

Twitterの魅力は、世界中の著名人や有名人の生の声を聞けることと、ツイートをすることによって彼らと接触や交流を持てることです。

もちろん、そのためには英語のツイートを理解し英語でリツイートする必要があります。

でも、テレビやスマホのスクリーン越しでしか見ることのできない有名人の投稿するツイートに対して反応できるのは素晴らしいことです。

Twitterをしているのは海外の有名人やセレブだけではありません。

日本でも、一般人から有名人まで幅広い階層の人たちがTwitterを活用して情報を発信しています。

有名人をはじめ、他のユーザーが投稿した興味深いツイートや疑問符が打ちたくなるようなツイートを仲間達に見てもらうのに利用するのがリツイート機能です。

時には群集心理をあおってしまうこともある機能ですが、仲間内で意見を述べ合うには最適な機能です。

ところが、ユーザーの中にはリツイートができない人がいるようです。

考えられる原因を5つ紹介します。

非公開アカウントのツイートだから

Twitterのアカウントには、公開アカウントと非公開アカウントの2種類があります。

Twitterに登録すると、初期設定ではツイートが公開されるように設定されます。

そのため、すべてのアカウントはツイートの表示やツイートに対する反応を返すことができます。

でも、プライバシーなどの理由でTwitterの設定を変更して非公開アカウントにすることができます。

非公開アカウントかどうかは、プロフィールページのアカウント名の横、またはツイートに「南京錠」のアイコンが表示されているので分かります。

非公開アカウントのユーザーが投稿したツイートに反応してリツイートをすることはできません。

ブロックされているから

すべてのSNSアプリには、迷惑コメントや迷惑投稿を繰り返すユーザーとの交流をストップして接触を持たないようにするため「ブロック」機能が付いています。

Twitterアプリにも「ブロック」機能があります。

ブロックされた人は「ブロック」をしたユーザーとの接触が制限されるため、基本的にすべてのアクションが行えなくなります。

そのアクションの中にはリツイートも含まれます。

ツイート・リツイート数の上限を超えているから

世界に3億人以上のユーザーがいると言われるTwitterは、世界中のTwitterユーザーが快適にサービスを利用できるようにするためすべてのサービスに上限を設けています。

この上限によってTwitterシステムにかかる負担は減り、種々の問題やトラブルを抑止できます。

1日にツイートできる上限回数は2,400回です。

そして、1日にツイートできる上限は30分毎で設定されています。

30分間に50回というのがツイートの上限です。

リツイートはツイートに含まれてカウントされます。

この上限を超えてツイートやリツイートをすると、上限に達したことを示すエラーメッセージが表示されます。

Twitter側に問題が発生

世界中に3億人以上、日本だけでも4,500万人以上のアクティブユーザーを抱えるTwitterは、すべてのユーザーが問題なくサービスを利用できるように最善を尽くしています。

でも、大量のデータ通信を24時間処理し続けなければならないため、ときにはサーバーに問題が生じることがあります。

サーバーに問題が起きれば、当然Twitterのサービス全体に影響が及びます。

ツイートもリツイートもそのために利用できなくなる場合があります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。