『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】カレンダーが消えた・表示されない!原因と対処方法は?

【iPhone】カレンダーが消えた・表示されない!原因と対処方法は?

iPhoneには、「カレンダー」アプリが最初からインストールされています。

このアプリを使ってスケジュールを管理されている方も多いと思いますが、「追加した予定がカレンダー表示されない!」というトラブルが生じることもあります。

今回は、iPhoneでカレンダーが消えた・表示されない原因と対処方法について解説していくので、お困りの方はぜひ参考にしてみて下さい。

【iPhone】カレンダーが消えた・表示されない原因は?

iPhoneのカレンダーが消えた・追加したはずの予定が表示されないのは、以下の5つの原因が考えられます。

  • 非表示設定にしている
  • 一時的なバグが起きている
  • 別のアカウントでログインしている
  • カレンダーを削除してしまった
  • システム障害が起きている

では、以上の5つの原因をひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

非表示設定にしている

iPhoneのカレンダーに追加したはずの予定が表示されないのは、その予定を追加したカレンダーが非表示設定になっているのが原因かもしれません。

アプリの画面下部の「カレンダー」をタップすると、アプリに追加したカレンダーが一覧で表示されます。

アプリに追加したカレンダーが一覧で表示

アプリ上に予定が表示されるのは、左側のチェックが入っているカレンダーのみで、チェックが入っていないカレンダーに追加された予定は表示されません。

また、iPhoneの「設定」アプリでは予定を表示する期間を指定できますが、指定した期間よりも前の予定は表示されません。

指定した期間よりも前の予定は表示されない

このように非表示になっているだけなら、表示されるように設定を変更するだけで解決します。

追加したはずの予定がなぜか表示されない…という時は、まず非表示設定にしていないか一度確認してみましょう。

一時的なバグが起きている

iOSを最新版にアップデートした時などに一時的なバグが発生して、それが原因でカレンダーが消えてしまうことがあります。

iOSのアップデートが原因であれば、数日後にバグを修正したiOSの提供が始まると思われるので、それまではしばらく待つしかありません。

原因が分からない場合は、一度端末の再起動を試してから、カレンダーが表示されるか確認してみて下さい。

別のアカウントでログインしている

iCloudのカレンダーのデータは、Apple のアカウントごとに管理されています。

以前使っていたものとは別のApple IDでログインした場合、以前のApple IDで追加したカレンダーのデータは閲覧できなくなってしまいます。

カレンダーが表示されないのは、別のアカウントでログインしている可能性も考えられます。

複数のApple IDをお持ちの方は一度全てのアカウントにログインしてみて下さい。

カレンダーを削除してしまった

操作ミスなどが原因で自分でカレンダーを削除してしまった可能性もあります。

アプリの画面下部の「カレンダー」→「i」のアイコン→「カレンダーを削除」をタップすると、そのカレンダーに追加していた予定が全て削除されてしまいます。

カレンダーに追加していた予定が全て削除

この場合は、iCloudかiTunesでデータのバックアップをとっていれば、削除前の状態に復元することが可能です。

バックアップがない場合は専用の復元ソフトを使用するか、イチから作成し直すしか方法がありません。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。