『かわいい』が生まれる場所。

【PayPay】メリットとデメリットが知りたい!基本の利用法

【PayPay】メリットとデメリットが知りたい!基本の利用法

「PayPay(ペイペイ)」は、全国のお店で利用できるスマホのコード決済サービスです。

最近では、店舗だけではなく、自動販売機や各種公共交通機関などでも利用することができるようになっています。

今回は、そんなPayPayのメリットとデメリットをふまえた上での、基本の利用法を皆さんに説明します!

Contents[OPEN]

まずはじめに!PayPayとは?

PayPayとは、ソフトバンクとYahoo!(ヤフー)が設立した合弁会社が運営するスマホ決済サービスのことです。

スマホ決済は、基本的に「タッチ決済」と「コード決済」の2種類に分けられます。

このうち、PayPayは「コード決済」にあたり、アプリを起動させて画面に表示されたQRコードやバーコードを読み取って支払い完了となります。

支払い方法は前払いと後払いの両方が利用できる

PayPayの支払い方法には、あらかじめアプリにいくらか入金しておく前払い(チャージ)と後払い(クレジットカード)の両方を利用することができます。

前払い(チャージ)方法はいくつかあり「銀行口座」「セブン銀行ATM」「Yahoo!などのクレジットカード」などからの入金が可能です。

QRコードの提示または読み取りでお買い物ができる

店頭での支払いの際、スマホから「PayPay」の専用アプリを開いてスマホの画面にQRやバーコードを表示して店側に読み取ってもらう方法、もしくは逆にお店の店頭に設置してあるQRコードを読み取って決済する方法の2種類から選択できます。

使えるお店は全国316万ヶ所以上!

 
現在、日本国内でPayPayを使える加盟店は316万ヶ所以上もあり、これからも、実店舗ならびにオンラインショップともに加盟店数が増えていくことが予想されています。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。