スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneの電源が切れない!困ったときの対処法を紹介するよ!

iPhoneの電源が切れない!困ったときの対処法を紹介するよ!

iPhoneを使っていると、突然画面がフリーズして操作できなくなってしまうことがあります。

iPhoneの不具合に有効な対処法のひとつが「再起動」ですが、画面がフリーズしてしまうと通常の方法では電源を切ることもできなくなってしまいます。

他にもボタンの故障など様々な原因で電源が切れなくなってしまうことがありますが、こういった時一体どのように対処すれば良いのでしょうか?

そこで今回は、iPhoneの電源が切れなくて困った時の対処法について解説していきます!

iPhoneの電源が切れない!まずは基本の方法をおさらい!

iPhoneの電源が切れない!と焦る前に、まずは基本の電源の落とし方を改めて確認しておきましょう。

iPhone SE(第2世代)、iPhone 8以前の機種で電源を切る方法

ホームボタンが搭載されているiPhone SE(第2世代)、iPhone 8以前の機種では、以下の手順で電源を切ります。

iPhone SE(第2世代)、8、7、6の場合

出典:Appleサポート

iPhone SE(第2世代)、8、7、6の場合

  1. 端末の右側にあるサイドボタンを長押しする。
  2. 「スライドで電源オフ」のスライダを左から右へ動かして電源を切る。
  3. 電源が切れたら、サイドボタンを長押しする。
  4. Appleのロゴが表示されたら、サイドボタンから指を離す。

参照:Appleサポート

iPhone SE(第1世代)、5以前の場合

出典:Appleサポート

iPhone SE(第1世代)、5以前の場合

  1. 端末の上側にあるトップボタンを長押しする。
  2. 「スライドで電源オフ」のスライダを左から右へ動かして電源を切る。
  3. 電源が切れたら、トップボタンを長押しする。
  4. Appleのロゴが表示されたら、トップボタンから指を離す。

参照:Appleサポート

iPhone X 以降(iPhone SEは除く)の機種で電源を切る方法

ホームボタンが廃止されたiPhone X以降(iPhone SEは除く)の機種では、以下の手順で電源を切ります。

iPhone X 以降(iPhone SEは除く)の場合

出典:Appleサポート

操作手順

  1. 本体の左側にあるいずれか片方の音量調節ボタンと、右側にあるサイドボタンを同時に長押しする。
  2. 「スライドで電源オフ」のスライダを左から右へ動かして電源を切る。
  3. 電源が切れたら、サイドボタンを長押しする。
  4. Appleのロゴが表示されたら、サイドボタンから指を離す。

参照:Appleサポート

設定画面の「システム終了」から行う方法

iOS 11以降にアップデートした機種なら、設定画面の「システム終了」から電源を切ることも可能です。

「設定」アプリを起動します。

「設定」アプリを起動

「一般」をタップしましょう。

「一般」をタップ

「システム終了」をタップして下さい。

「システム終了」をタップ

「スライドで電源オフ」のスライダを左から右へ動かします。

「スライドで電源オフ」のスライダを左から右へ動かす

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。