スマホで見つける、もっと可愛い私

【Android】Googleアカウントのロック解除方法を状況別に解説

【Android】Googleアカウントのロック解除方法を状況別に解説

Googleアカウントは、Androidのスマホを使う際に欠かせないものです。

しかし、まれにGoogleアカウントがロックされてしまうこともあるようです。

ロックになると鍵をかけられた状態になってしまうので、アプリのインストールやメールの送受信など、基本的な操作ができなくなってしまいます。

そこで今回は、AndroidでGoogleアカウントがロックされている状態を解除する方法を状況別に解説していきます。

Contents[OPEN]

【Android】Google アカウントがロックされた!原因は?

まずは、Googleアカウントにロックをかけられてしまう原因から探っていきましょう!

Google アカウントがロックされるのはどんな状態のとき?

原因としてまず挙げられるのは、怪しい動作が確認されたときです。

いつもの使用状況にとは違った動きが見られる時に、自動的にロックされることがあります。

例えば、Gmailでメッセージが大量に送信された時などです。

Gmailから莫大な数のメールを送ることで、スパムとして認定される可能性が高くなります。

これにより、アカウント自体も一時的にストップさせられてしまうという流れです。

また、いろいろな場所から一度に自分のアカウントにアクセスがあった場合にも止められる可能性があります。

Google側は、さまざまな要因を考慮しつつ制限をかけているようですが、基本的にはいつもと違う動作を行った際になるケースが多いということを覚えておいてください!

ロックすればスマホの紛失・盗難時にも安心

端末を厳重にパスワードロックなどをしていれば問題ないですが、そうでない場合は自分の情報がむき出しの状態になります。

当然、登録してある個人情報がすべて抜き出されるはずです。

このような時に遠隔でロックすることで、拾った方や悪用者に不正利用されるリスクが下がります。

なにもしないよりは良いですよね。

このように役立つ場合もあるので、覚えておいてください。

中古スマホを購入したときは解除が必要

次に紹介する原因は、中古の端末を購入した時です。

この場合も今まで使ったことが無い端末での使用がイレギュラーな利用だと判定されて、ロックされてしまう可能性があります。

中古スマホを購入する際は、この動作を覚えておくだけで効率を上げることも可能です。

以上のようなタイミングでロック解除の機能を使用することになります。

あくまでも他者からの悪用を防ぐための機能なので、エラーではありません。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。