スマホで見つける、もっと可愛い私

【Google Fit】歩数が少ない・カウントされないときの対処法!

【Google Fit】歩数が少ない・カウントされないときの対処法!

Android端末ではおなじみの健康管理アプリといえば、Google Fitです。

スマホユーザーであれば無料で使えますが、稀に問題が発生することがあります。

毎日使っている中で突然機能が正常に動かないとなると、困ってしまいますよね。

そこで今回は、このGoogle Fitで歩数がカウントされないなどのトラブルに遭遇した方に向けて、自身でできる対処方法を紹介していきます。

Google Fitとはどんなアプリ?

まずはGoogle Fitとの基本情報をご紹介していきます。

Androidユーザーであれば、一度は耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

全く知らない方でも大丈夫です。

おさえておきたい特徴を全部で3つの項目に分けて説明します。

実は日々のライフスタイルに合わせて活用されるアプリで、使いこなすことで自身の健康に役立てることができます。

Googleによって開発された健康管理アプリ

Google Fitは、ネーミングのとおり大手Googleによって提供されている健康管理アプリです。

iPhoneではあまりなじみがないかもしれませんが、Android端末を所持している方は、目にする頻度は高いです。

健康管理と一概に言ってもなかなかイメージしにくいですが、さまざまなデータを計測してくれる機能が搭載されています。

もちろん無料で使用可能で、対応端末であればどなたでも気軽に導入できます。

ほとんどの機種はプリインストールで、もともと利用可能な環境で販売されています。

そのため、個別にGoogle Playストアから検索してダウンロードする必要もないケースがほとんどです。せっかく用意されているのであれば、使いたいですよね。

ウォーキングやジョギングの情報を収集してグラフ化できる

データを残すことができるこのアプリで、具体的にどのようなデータが利用できるのでしょうか。

Google Fitでは、ウォーキングやジョギングのデータが利用可能です。つまり歩数をカウントしてくれます。

毎日トレーニングをするうえで大事なのは、数値の見える化です。実際にどの程度歩いたのかを記録しておくこととで、目標まであとどの程度頑張れば良いのかを把握できるようになります。

これに貢献してくれるのがGoogle Fitというわけです。

体重や心拍数の記録もできる

もちろんこれだけではありません。

自身の体重や心拍数のデータも残せます。

健康維持に必要なものであれば、基本的にアプリ上で管理することが可能で、スマホ1つで気軽に自分の運動状況から身体の状態までチェックでき、非常に便利です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。