スマホで見つける、もっと可愛い私

iCloudのメールアドレスを確認する方法!忘れちゃっても確認方法はある!

iCloudのメールアドレスを確認する方法!忘れちゃっても確認方法はある!

Appleが提供しているクラウドサービスの「iCloud」は、データのバックアップなどにとても便利なサービスです。

しかも無料で使えるメールアドレスも取得可能で、このアドレスはiPhoneはもちろん、PCでも使えます。

今回は、iCloudで提供されるメールアドレスを確認する方法について解説してきます。

これから使ってみたいと思っている方やメールアドレスを忘れてしまった方は、ぜひ参考にしてみてください!

iCloudのメールアドレスってなに?

万が一のときに備えたバックアップなど、iPhoneを使ううえでiCloudはとても便利なサービスです。

そんなiCloudでは、実はメールアドレスを取得することもできるんです。

ほかにキャリアメールやフリーメールを使っている場合は意外と見落としがちですが、せっかく使えるので有効に活用したいですよね。

ここからは、iCloudのメールとは何なのかについて詳しく見ていきます。

メールサービスもとても便利なので、iCloudを使っている人はぜひ使ってみてください。

iCloudから無料で貰える「〇〇@icloud.com」アドレス

iCloudのメールアドレスとは、iCloudに登録したときにもらえるアドレスのことです。

Apple ID作成時に無料で取得可能で、iCloudへのログインなどに使用されます。

このメールアドレスは、ドメインが「@icloud.com」になっているのが特徴です。

作成は任意で、このアドレスを作らなくてもiCloudは利用できます。

取得しなくても利用可能ですが、無料で使い勝手の良いメールサービスなので、登録の際は取得しておくのがおすすめです。

別キャリアに機種変更しても使い続けられる

別キャリアに移行する場合、メールのドメインは必ず変更されます。

例えば、auからDocomoにキャリア変更した場合、ドメインは「@ezweb.ne.jp(もしくは、@au.com)」から「@docomo.ne.jp」に変わります。

@の左側、自分の好きな文字を設定できる「ユーザー名」の部分は引き継げますが、ドメインは変更必須です。

しかし、iCloudのメールアドレスは、キャリアを変更してもドメインは「@icloud.com」のまま利用できます。

しかも、ユーザー名も変更しなくてよいのです。

キャリアを変更してもユーザー名もドメインも全く同じメールアドレスを使えるので、引継ぎなどがとても楽になります。

この特性を活かして、普段あまり連絡を取らない人とやり取りするのに使うのもおすすめです。

また、iPhoneの「メール」アプリでやり取り可能なので、ビジネス用としても活用できますよ。

メールはiCloud内で管理されているから共有も簡単

iCloudで取得したアドレスでやり取りしたメールのデータは、iCloudの容量として管理されます。

なので、このアドレスを使ったからといって、キャリアメールやその他フリーメールの容量を気にする必要はありません。

ただし、iCloudの容量には注意する必要があります。

iCloudはバックアップや写真、ドライブ機能とメールで容量を分け合っているので、どれかをたくさん使っていて容量がいっぱいになっていると、メールを受信するスペースがなくなってしまうのです。

また、1日に送受信できるメッセージ数が、それぞれ1,000件までという制約もあります。

これらによく注意をして、快適に使っていきましょう。

iCloud内でメールを管理することには、ほかにもメリットがあります。

それは、異なるデバイス間での共有が簡単ということです。

iCloudのメールはiPhoneで受信可能なほか、PCのブラウザからも確認できます。

サイトにアクセスしてメールの項目をチェックするだけで簡単に送受信ができるので、外出先ではiPhone、自宅ではPCといった感じで使い分けるのもおすすめです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。