スマホで見つける、もっと可愛い私

iBooks(Apple Book)とは?基本の使い方・便利機能を解説

iBooks(Apple Book)とは?基本の使い方・便利機能を解説

Appleが提供している電子書籍アプリの「iBooks(Apple Books)」。

このアプリでは、Appleのブックストアで電子書籍を購入できるほか、スワイプなどの簡単な操作で読書することが可能です。

また、分からない言葉をWebなどで調べられたり気になる部分にしおりやハイライトを入れられたりと、読書するのに便利な機能も多数備わっています。

今回は、読書好きなApple ユーザーにおすすめの「iBooks(Apple Books)」の基本的な使い方や便利機能について解説していきます!

iBooks(Apple Books)とは?《特徴》

まずは、iBooks(Apple Books)ではどのようなことができるのか、どんな特徴があるのか詳しく見ていきましょう。

Appleから提供されている電子書籍アプリ

「iBooks」とは、Appleが提供している電子書籍アプリです。

Appleが提供している電子書籍アプリ

現在は、iOS 10以降のiPhone・iPad・iPod TouchとOS X 10.9以降を搭載したMacに対応しています。

このアプリでは、Appleのブックストアで購入した電子書籍を読んだり、オーディオブックを聴いたりすることができます。

また、WebサイトからダウンロードしたPDF書類やメールに添付されていたPDF書類をアプリ上で閲覧することも可能です。

iCloudで複数端末からアクセス可!

ブックストアで購入した電子書籍は、端末のストレージ上ではなくiCloud上に保存されます。

なので、同じApple IDにサインインするだけで複数の端末からアクセスすることが可能です。

iPhoneだけでなくiPadやMacなど端末を複数所有していても、1台ごとに電子書籍を購入する必要がなく、iBooksアプリのライブラリからダウンロードするだけですぐ読書を始められます。

iOS 12よりiBooksからApple Booksへ変更

iOS 11以前は「iBooks」というサービス名でしたが、2018年にリリースされたiOS 12より「Apple Books」に変更・アプリの名前は「ブック」に変更されました。

アプリ内のデザインは大きく変わり、背景色や明るさ、フォントの大きさを変更できたり、気になった部分にマーカーを引けたりと、機能面も充実してより使いやすくなっています。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。