スマホで見つける、もっと可愛い私

iCloudバックアップからの復元方法!初期化したくない人も必見!

iCloudバックアップからの復元方法!初期化したくない人も必見!

iCloudにバックアップをとっておけば、間違えて消してしまったiPhoneのデータを復元することが可能です。

ただし、iCloudバックアップから復元する場合はiPhoneの初期化が必要になります。

しかし、中には初期化せずにiCloudバックアップから復元したい…という方もいると思います。

そこで今回は、iCloudバックアップから復元する方法や、初期化せずに復元する方法について解説していきます!

iCloudバックアップからの復元方法

では早速、iCloudバックアップから復元する方法を詳しく見ていきましょう。

手順①iPhoneの電源を入れて案内にそって設定していく

まずは、工場出荷状態のiPhoneの電源を入れます。

電源を入れると「こんにちは」の画面が表示されるので、ホームボタンがない機種の場合は下から上へスワイプ、ホームボタンがある機種の場合はホームボタンを押しましょう。

そしたら、画面の案内に沿って「言語」「国または地域」「Wi-Fi」「パスコード」などの設定を行って下さい。

手順②「iCloudバックアップから復元」をタップする

設定を進めていくと、「Appとデータ」という画面が表示されます。

ト

出典:Appleサポート

事前にiCloudでとっておいたバックアップからデータを復元したい場合は、ここで「iCloudバックアップから復元」をタップします。

手順③Apple ID・パスワードを入力する

Apple IDのサインイン画面が表示されるので、iCloudでバックアップをとった時と同じApple IDとパスワードを入力してiCloudにサインインします。

パスワードを忘れてしまった場合は、「パスワードをお忘れかApple IDをお持ちでない場合」→「パスワードまたはApple IDをお忘れの場合」をタップして下さい。

手順④復元したいバックアップデータを選択する

iCloudにサインインして利用規約に同意したら、復元したいバックアップデータを選択します。

複数のデータが存在する場合は間違えないように注意しましょう。

そしたら、画面の指示に従って操作を進めていきます。

全ての設定を済ませると復元が始まるので終わるまでしばらく待ちましょう。

復元が終わるまでしばらく待つ

出典:Appleサポート

iPhoneが再起動したら、再び画面の指示に従って設定を行っていきます。

ホーム画面が表示されたら復元完了です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。