スマホで見つける、もっと可愛い私

Apple IDが作成できない時の対処法を徹底解説!作れない原因も詳しくチェック!

Apple IDが作成できない時の対処法を徹底解説!作れない原因も詳しくチェック!

Apple IDは、iPhoneを使う人にとっては欠かせないものです。

それだけに、もし「Apple IDが作成できない」という状況になったら困ってしまいますよね。

この記事では、Apple IDが作れない原因と対処法について紹介しています。

また、Apple IDを作る手順についても画像付きで詳しく説明するので、最後までチェックしてみてください!

そもそもApple IDとは何か?

Apple IDとは

  1. Appleのサービスを利用するときに必要になるIDのこと
  2. Apple IDを取得時に選択したメールアドレスがそのままApple IDになる
  3. パスワードは英語の大文字と小文字と数字を混ぜて作る

Apple IDとは、Appleのサービスを利用するときに必要になるIDのことです。

ト

「設定」を開いてユーザー名をタップすると自分のApple IDを確認できます。

Appleのサービスは数多くあり、有名なものではアプリを入手できるApp Store、音楽を購入できるApple Music、ネット上にデータを保存できるiCloudなどがあります。

Apple IDはiPhoneを使う際には必要になるもので、すでにiPhoneを使っている人は、最低でも1つはApple IDを持っているはずです。

そして、必要に応じて2つ以上のApple IDを作ることも可能です。この記事では、2つ目以降のApple IDを作る方法も紹介しています。

Apple IDを取得するときにはメールアドレスを選択する必要がありますが、選択したメールアドレスの文字列がそのままApple IDになります。パスワードを作るときには、英語の大文字と小文字と数字を混ぜて作る必要があります。

Apple IDが登録できない原因とは?

ト

Apple IDが登録できない原因

  • 年齢制限
  • 通信エラー
  • 無効なメールアドレスを利用している
  • iOSのバージョンが最新でない
  • 4つ以上のApple IDを作ろうとしている

Apple IDを登録できない原因はいくつか考えられます。

以下で紹介するので、当てはまるものがないか確認してみてください。

年齢制限

Apple IDは年齢が13歳以上でないと作ることができません。

12歳以下の方がApple IDを作りたい場合は、保護者の協力が必須となります。

通信エラー

Apple IDが登録できない場合、通信環境が悪いという原因も考えられます。

通信方法や電波の状況などを見直してみましょう。

また、Appleのサーバ側が混雑していてエラーが出ている可能性も考えられます。

無効なメールアドレスを利用している

Apple IDを登録する際にはメールアドレスが必要です。

Appleからメールが届くため、Appleのメールアドレスを受信できる設定になっていないとApple IDを登録することができません。

メールの受信設定やフィルターなどを見直してみましょう。

また、1つのメールアドレスで登録できるApple IDは1つまでです。

2つ目以降のApple IDを作りたい場合、別のメールアドレスを用意する必要があります。

また、メールアドレスは、iCloudのものであればApple IDを作る手順の中で取得することもできます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。