スマホで見つける、もっと可愛い私

男性が感じる「ついついLINEをしてしまう女性」ってどんな人?

男性が感じる「ついついLINEをしてしまう女性」ってどんな人?

気になっている男性とは、いつでもLINEでたくさん会話をしたいと思うことでしょう。

であれば、男性が「LINEをしやすい」と感じるような女性になることが、大事なポイントかもしれません。

そこで今回は、男性が感じる「ついついLINEをしてしまう女性」について紹介します。


話が「弾む」

「やっぱり楽しい会話がたくさんできる女の子には、ちょいちょいLINEを送っちゃいますね。色々と聞いてもらいたくもなりますからね」(20代男性/自営業)

会話が弾まない相手とは、何を話せばいいのかわからなくなり、次第に気まずい空気が流れ始めるもの。

いくら好意を持っていてもそういった女性とは、男性はなかなか打ち解けることができないでしょう。

ちゃんとリアクションを取ったり、テンポよく返信をしたり、相手の話に興味を示したりといったことを心がけると自然と会話は弾んでくるので、あなたと話していて楽しいと男性は感じてくれるはずですよ。

「否定」をしない

「こっちの意見を否定してこない女性がいいですね。そういう女性と話していると、すごく気分がいいので、癒し効果もあります」(30代男性/出版)

「それは違うでしょ」
「そうじゃないって」
「どうせそんなの無理だって」

そういった否定の言葉を投げかけてくることが多い女性と、会話をしたいと思う男性はまずいません。

全てを肯定しなくてはいけないわけではないですが、頭ごなしに否定をしたり、自分の意見を押しつけたりすることはやめるようにすると、話しやすさは一気に増すものですよ。

「ネガティブな発言」が少ない

「とにかく明るい話ができる子が好きです。人の悪口ばっかり言ってくる子とかだと、LINEしていて嫌な気持ちになりますから…」(30代男性・/ベント制作)

悪口や陰口、愚痴や不満といった、ネガティブな発言ばかりをする女性とLINEをしていると、だんだん嫌な気分になっていくもの。

たまにそういった話をする程度なら特に問題はないですが、いつも愚痴をこぼすようなLINEは絶対にNG。

楽しい話や一緒に盛り上がれる話ができる女性に男性は好感を抱きますし、自然とLINEも送りたくなってしまうはずですよ。

サッと「終われる」

「ちょこっと話せるくらいの相手だとうれしい。気軽に送れるし、言いたいことだけ言って終われるのが最高ですよね」(20代男性/アパレル)

好きな男性とは、少しでも長く話していたいという気持ちになるのはわかります。

でも、毎回のように長いやり取りが続くと、「あの子と話すと長くなるからな」と男性からは敬遠されてしまうようになるかも。

無駄に長引かせるようなことはせずに、言いたいことを言えたのならサッと終わらせるようにすると、男性もあなたに気軽にLINEを送れるようになるでしょう。

さいごに

男性はLINEでダラダラと長話をするのを苦手に感じる人が多いです。

だからこそ、サクッと軽く話せる女性には、LINEを送りやすくなるし、つい送ってしまうことも多くなるはずですよ。

(山田周平/ライター)

カナウ編集部

この記事のライターカナウ編集部
記事提供:カナウ

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。