スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhone SE(第2世代)でApple Payを使う方法を解説!店頭支払いも簡単!

iPhone SE(第2世代)でApple Payを使う方法を解説!店頭支払いも簡単!

iPhone SE(第2世代)はサイズが大きすぎず高性能なiPhoneで人気です。

そんなiPhone SE(第2世代)では、電子マネー決済であるApple Payを使用することはできるのでしょうか。

この記事では、iPhone SE(第2世代)のApple Payについて解説していきます!

Contents[OPEN]

iPhone SE(第2世代)でApple Payは使えるの?

iPhone SE(第2世代)では、Apple Payの機能を使用することはできるのでしょうか。

初代のiPhone SEとiPhone 6/6sではApple Payを使用することも可能ですが、支払いの機能を使用できるのは対応しているアプリやWEBに限られています。

さっそく、iPhone SE(第2世代)のApple Pay事情を見ていきましょう。

FeliCa搭載で店頭の支払いにも使えるようになった

実は、iPhone SE(第2世代)からはICカード技術のFeliCaが搭載されており、店頭での支払いにも対応できるようになりました。

人と接触する機会もなくなるので、新型コロナウィルスの感染予防などの役に立つのもポイントです。

初代SEはウェブサイトやアプリ内の支払いのみ利用できた

初代のiPhone SEにはApple Pay自体はありましたが、FeliCaが搭載されていなかったのでアプリやウェブからしか決済することができませんでした。

つまり、店頭でスマホをかざして支払うことができなかったのです。

電子マネーはアプリやウェブよりも店や自販機などで使っている人も多いはずなので、初代iPhone SEは物足りなく感じた人もいたのではないでしょうか。

iPhone SE(第2世代)クレジットカードをApple Payに追加する方法

iPhone SEでApple Payを使いたいのであれば、まずはクレジットカードなどを登録しなければいけません。

カード情報を登録して初めてApple Payの支払い機能が使えるようになります。

「Wallet」アプリから追加する

iPhone SEの第2世代でApple Payを使うには、iPhoneに元々インストールされているアプリ「Wallet」を使ってクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードを登録します。

「Wallet」は、色々なカードやクーポンなどをまとめて管理できるアプリです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。