スマホで見つける、もっと可愛い私

【寝られてる?】Apple Watchを使えば睡眠環境は整えられる!使い方を解説!

【寝られてる?】Apple Watchを使えば睡眠環境は整えられる!使い方を解説!

スマホの次に利用者数が多い端末になると予想されているのがスマートウォッチです。

日本でもスマートウォッチの利用者数は増え続けていますが、スマートウォッチ所有者のほぼ半数はApple Watchと言われています。

Apple Watchの利用目的で最も多いのはLINEやメールなどの通知ですが、多くのユーザーは睡眠時間を計測をするためにApple Watchを利用しています。

Apple Watchを使えば本当に睡眠環境が整い、睡眠の改善に貢献するのでしょうか。

今回は、そんなApple Watchの睡眠機能について詳しく解説します。

Contents[OPEN]


Apple Watchの睡眠機能を使うメリットは?

睡眠に悩まされている人の多くが、睡眠時間の問題を改善するためアプリを活用しています。

中でも注目されているのが、Apple Watchに標準インストールされている「睡眠」アプリです。

スマホの睡眠アプリではなく、Apple Watchの「睡眠」アプリを使うことには3つのメリットがあると言われています。

自分の睡眠時間やサイクルが把握できる

1つ目のメリットは、自分の睡眠時間やサイクルが把握できることです。

Apple Watchの睡眠機能を使うことで自分が達成したい睡眠目標を設定し、その目標を達成するための睡眠スケジュールを作成できます。

また、過去14日間の睡眠記録をチェックできるので、自分の睡眠パターンを確認できます。

Apple Watchの操作を自動で制限してくれる

2つ目のメリットは、Apple Watchの操作を自動で制限してくれることです。

睡眠スケジュールを設定し、Apple Watchの睡眠モードが始まると、Apple Watchはロック状態になります。

そのため、画面をタップしても反応しなくなり、デバイスの誤作動防止になります。

ロックを解除はDigital Crownで行えます。

寝ている間の通知を制限してくれる

3つ目のメリットは、Apple Watchが睡眠モードに入ったら睡眠を邪魔するすべての通知をシャットアウトしてくれることです。

Apple Watchユーザーの多くは、LINE、メール、着信通知などを目的に利用していますが、熟睡しているときに通知音が鳴ると快眠の妨げになります。

その点、Apple Watchは自動で通知の制限をしてくれるので助かります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。