スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPad】Safariアプリの使い方を解説!初心者は特に必見!

【iPad】Safariアプリの使い方を解説!初心者は特に必見!

iPhoneなどのAppleデバイスにデフォルトで備え付けられているブラウザアプリ「Safari」。

元々入っていたアプリなのでSafariを使っているという方も多いのではないでしょうか?

この記事では、iPadでSafariアプリを使う時の基本の方法やテクニックをご紹介します。

初めてiPadを使うという方は特に必見です。

Contents[OPEN]

【iPad】Safariアプリの基本の使い方

まずは、iPadでSafariを使う際の基本操作やメインの機能について解説します。

Safariはブラウザアプリなので、基本的にWebページを表示したりキーワードでサイトを検索するのがメインの使い方になります。

ブラウザの基本機能以外にも、サイトにブックマークをつけてショートカットを作成したり閲覧履歴を確認したりすることも可能です。

これらの機能は他のブラウザにも備わっている機能です。

Web・サイト内検索をする

まずは「Webサイトの検索機能」の使い方からです。

実は、Safariには、GoogleやYahoo!Japanのような明確なトップページが存在しません。

タブが何も無い状態だと、ブックマークと検索バーのみが表示されています。

1

新しく何かを検索する場合は、基本的にこのページから検索を行います。Safari自体に検索エンジンの機能はなく、検索したワードはSafariに設定されている検索エンジンにて結果が表示される仕様です。

例えば、検索エンジンにGoogleが設定されていれば、検索結果はGoogleで表示されます。検索エンジンはいくつか種類が用意されているので、好きな検索エンジンを使いましょう。

過去に見たことのあるWebサイトを開く

Safariで検索した結果や別タブで開かれたWebページは、履歴やタブの一覧からショートカットすることができます。タブは削除すると見られなくなりますが、閲覧履歴には残るのでそこからサイトに飛ぶようにしましょう。

タブの一覧はSafariの画面右上端にあるウィンドウが重なっているアイコンをタップすることで表示されます。また、画面上部のタブからでも開くことも可能です。

2

不必要なタブを消したいときはタブを左にスワイプするか、左上の「✕」をタップしましょう。

3

履歴を表示するには、左上の本アイコンから時計マークをタップします。ここでは、ブックマークやリーディングリストに登録しているサイトに飛んだり、閲覧履歴の確認や編集を行えます。

5

サイトに飛ぶには、履歴に表示されているサイト名をタップしましょう。各種閲覧履歴は、右にスワイプするか右下の「消去」をタップすることで削除することができます。キャッシュクリアをするときにおすすめです。

6

サイト情報を共有する

Safariでは、表示中のサイトURLを共有することができます。右上の共有アイコンをタップすることで、他のSNSアプリやLINEなどにURL情報を共有可能です。

7

わざわざURLをコピペして貼り付けする必要はありません。共有したいページで共有アイコンをタップするだけでOKです。

ブックマーク・お気に入り・ホーム画面に追加する

先ほどの共有アイコンでは、共有以外にもブックマーク・お気に入り・リーディングリストに登録することもできます。共有アイコンをタップして下にスワイプすると、各種メニューが表示されます。

8

共有アイコンのメニューでは、他にもいろんな機能を使うこともできますが、それは後ほど説明します。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。