スマホで見つける、もっと可愛い私

さりげなく好意を伝える!男性の「気を引く」LINEテクニック

さりげなく好意を伝える!男性の「気を引く」LINEテクニック

LINEでのやり取りの中で、さりげなく気を引くことができたら、関係性に変化が起こる可能性は高いです。

気になる男性とLINEをする際には、ちょっとそういったことを意識するのも大切かもしれません。

そこで今回は、男性の「気を引く」LINEテクニックについて紹介します。

さりげなく「ハートマーク」を使う

「女の子からのハートマークには、やっぱりドキドキします。何とも思っていない男には使わないだろって、勘ぐってしまいますね」(20代/男性/広告代理店)

LINEで送るハートマークは、女性からするとただの可愛い絵文字のひとつにしかすぎないかもしれません。

でも、女性からハートマークが送られてきたら、やはり男性はちょっとドキッとするし、「気があるのかな?」なんて思うことだってあるもの。

無闇に使いまくるのではなく、さりげなく文末や会話の最後にハートマークを送ってあげると、気になる男性の心を揺さぶる効果はあるでしょう。

「誘いの言葉」を入れる

「『今度飲みに行きましょうよ』とか言われると、テンションが上がります。軽い気持ちであったとしても、誘ってくれることがうれしいですね」(30代/男性/IT)

気になる男性のことを自分からデートや食事などに誘うのは、かなり勇気がいるでしょう。

でも、LINEの会話の中でさりげなく誘いの言葉を入れるのであれば、変に重々しくなりすぎずに、男性をドキッとさせることもできるはず。

「たまには食事でも行きましょうよ」とか「私も連れて行ってくださいよ」などと流れの中でサラッと言えば、「じゃあ行こうか」と男性も誘いやすくなりますよ。

「好き」という単語を使う

「『○○くんの考え方、好きだな』って会話中に言われて、めちゃくちゃドキッとしたことがある。それ以来、急にその女性の存在が大きくなりました」(20代/男性/飲食)

間接的であったとしても、女性から「好き」と言われてうれしくない男性はいないでしょう。

「そういうところ好きだな」「○○さんのセンス、すごく好きです」「○○さんの話は面白くて好きです」。

LINEでこういったセリフを言えば、「好き」という単語を視覚でも認識させることができるので、より男性をドキドキさせられるはずですよ。

「話せてうれしかった」と伝える

「『LINEできてうれしかった』ってセリフは、心に刺さりましたね。そんなこと言われたら、こっちだって舞い上がるほどうれしくなっちゃいますよ」(30代/男性/音楽関係)

好きな男性とLINEで会話ができたのなら、最後に大きなインパクトを残すのは大事なポイント。

「ありがとう」と伝えるのももちろん大切ですが、それだけでは男性の心をつかむのにはちょっと弱いかもしれません。

「話せてうれしかった」とか「本当に楽しかった」といった一文を送ってあげると、男性は最後の最後に最高の気分を味わえるので、あなたへの好意も一気に高まることでしょう。

さいごに

好きな男性とは、ただ会話をできるだけで十分楽しいことでしょう。

でも、そこにほんの少しテクニックを駆使してみたら、距離感を一気にグッと縮められるはずですよ。

(山田周平/ライター)

カナウ編集部

この記事のライターカナウ編集部
記事提供:カナウ

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。