スマホで見つける、もっと可愛い私

PCからSMSを送る方法を解説!ビジネスに使える一斉送信の使い方もチェック!

PCからSMSを送る方法を解説!ビジネスに使える一斉送信の使い方もチェック!

ビジネスにおける販売促進やプロモーションの手段として、SMSの活用が注目されているのを知っていますか?

今回は、ビジネスシーンで今後の導入が検討されているSMSについて取り上げていきます。

PCからSMSを送信する方法も解説していくので、ぜひチェックしてみてくださいね!

SMSとは?《基礎知識》

携帯電話やスマートフォンから短いテキストで送信できるのがSMSです。

アドレスがわからない人にメールを送るときにしか使っていなかったという人は、様々な販促ツールがあるなかで、あえてSMSを使うということに驚くかもしれません。

以下、これまでの簡易的なメールの印象からはかけ離れた、SMSならではの特徴と導入のメリットをご紹介します。

ト

SMS=ショートメッセージサービス

SMSとは「ショートメッセージサービス(Short Message Service)」の頭文字をとって略したIT用語です。

もともとは携帯電話やスマートフォン同士で短い文章を送受信できるサービスで、相手の電話番号をアドレスにして送信できることに特徴があります。

当初、国内では送受信が同携帯キャリアの端末間に限られるほか、70文字までの文字量規制がありました。

しかし、現在では送信できる文字数が増え、国際間の送受信が可能になるなど、事業者ごとにサービスが拡大しています。

SMSの送信には1通ごとに料金がかかり、規定の文字数を超える送信にはさらに文字数ごとに加算がされる特徴があります。

SMSは標準搭載で受信はポップアップ画面に表示される

SMSは携帯電話やスマホに初期設定として入っているメールアプリで受信できるため、端末を持っていれば特に設定の手間もなく、特定のアプリをインストールする必要もありません。

SMSを受信した端末には、ポップアップ画面が表示されます。ポップアップ機能は携帯電話やスマホに標準搭載されているので、見逃されることなくメッセージを伝えられます。

ト

送信には文字量ごとに料金がかかりますが、受信は無料です。

携帯電話の番号は長期に利用することが多く、携帯会社と契約が行われているため、特定の個人に確実に送信できるメリットもあります。

ビジネスの様々なシーンに活かせる

携帯電話やスマホに標準搭載されている機能であり、ビジネスシーンで注目を集めているといっても、実際にはあまりSMSを利用する機会がないと思っていませんか?

メールの簡易版で、前時代的なシステムだと思っていたら大間違いです。

本人認証やECサイトの支払い請求など、SMSをビジネスに活用する場面は確実に増えています。

ほかにも、販売促進用のダイレクトメールやキャンペーン告知の一斉送信、電話での問い合わせに対しては音声ガイダンスと連携したSMSを送信するなど、様々な場面で幅広く活用できます。

インターネット上に多彩なツールが乱立する現代ですが、SMSは電話番号宛に送信するメッセージであるため、メールやSNSよりも本人確認がしやすいことに特徴があります。

開封率の高さが90%以上というSMSは信頼性も高く、セキュリティ強化のための2段階認証のワンタイムパスワードの送信にも活用されています。

電話番号と氏名を両方知る相手といえば限られてきます。取引のある事業者から届くSMSは、迷惑メールではないと認識されて安心して開封できます。

ト

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。