スマホで見つける、もっと可愛い私

【Twitter】リツイートの取り消しができない!原因と対処法を解説

【Twitter】リツイートの取り消しができない!原因と対処法を解説

Twitterには、他のユーザーが投稿したツイートを再び投稿し直してフォロワーと共有できる「リツイート」という機能があります。

本来、リツイートはボタンを押すだけで簡単に取り消せますが、ボタンを押してもリツイートが消えずに残ってしまうこともあります。

今回は、リツイートの取り消しができない原因と対処法について解説していくので、取り消せずに困っている方はぜひ参考にしみて下さい!


リツイートの取り消しができない!どうして?

Twitterでリツイートの取り消しができない原因としては、主に以下の2つあります。

  • キャッシュがたまっている
  • Twitterでの障害・通信環境に問題がある

では、以上の2つの原因をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

キャッシュがたまっている

Twitterでリツイートを取り消せない原因のほとんどは、Twitterアプリやブラウザに蓄積された「キャッシュ」によるものです。

キャッシュ:スマホで起動したアプリやブラウザでアクセスしたWebサイトのデータを一時的に保管しておく技術のこと。

このキャッシュがあるおかげで、過去に閲覧したツイートなどを再び閲覧する時、より早くデータを呼び出せるようになります。

ただ、これが原因でリツイートを取り消したにもかかわらず、取り消す前の状態でデータが読み込まれてしまうことがあるのです。

この場合、キャッシュを削除することで、最新の状態で読み込まれるようになるので、まずはキャッシュの削除を試してみましょう。

なお、キャッシュを削除してもツイートやフォロー・フォロワーなどTwitterのデータが削除されることはないので安心して下さい。

Twitterでの障害・通信環境に問題がある

リツイートを取り消せないのは、Twitterのサーバー、またはユーザー側の通信環境に問題がある場合もあります。

サーバーや通信環境に問題があるとTwitterのサーバーと端末間で通信できず、リツイートが取り消せなかったり、リツイートを取り消した後の状態が反映されなかったりします。

そのため、Twitterのサーバーが正常に動いているか、インターネットの接続に問題がないかどうかも一度確認しましょう。

リツイートの取り消しができない!まずはこれを試して!

リツイートの取り消しができなくなった時は、まず正しい手順でリツイートが削除できているか改めて確認してみましょう。

【基本】リツイートを削除する方法

Twitterでリツイートを削除する手順は以下の通りです。

「Twitter」アプリを起動します。

「Twitter」アプリを起動

取り消したいリツイートのリツイートボタンをタップしましょう。

リツイートボタンをタップ

「リツイートを取り消す」をタップして下さい。

「リツイートを取り消す」をタップ

リツイートボタンが緑色から灰色に戻っていれば削除完了です。

リツイートボタンが緑色から灰色に戻っていれば削除完了

PCの場合もスマホと同じように、リツイートボタンをクリックするだけで削除できます。

なお、リツイートを削除してもリツイート元のユーザーに通知されることはありません。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。