スマホで見つける、もっと可愛い私

MacとiPhoneを連携すれば作業が進む!便利な使い方を紹介

MacとiPhoneを連携すれば作業が進む!便利な使い方を紹介

Contents[OPEN]


MacとiPhoneの便利な連携機能をご紹介!(Air Drop)

「Air Drop」を利用すると、iPhoneユーザー同士が近くにいる状態であれば写真やWeb情報・マップ・ファイル・動画・連絡先などを簡単に共有できます。

重たいファイルや複数の写真や動画をLINEやメールで送るのは、時間とデータがいっぱいになってしまい大変ですが、そんな時にもAir Dropを使えば簡単にデータを瞬時に共有できます

モバイル通信下でも使えるよ

Air Dropはデバイス間で送受信されるので、インターネットを経由せずモバイル通信下でもパケット料金がかからずに使えます。

Airdropで必要なのはWi-FiとBluetoothの設定と、送信相手が近くにいて受信できる状態にしておくということです。

これさえ守れば、快適にデータの送受信ができます。

Air Dropの使い方

まずは「Bluetooth」をオンにする設定をします。

以下の通り操作してください。

  1. 「iPhoneの設定」では「設定」→「Bluetooth」→オン
  2. 「Macの設定」では「アップルマーク」→「システム環境設定」→「Bluetooth」→オン
  3. その後、両デバイスのWi-Fiがオンになっているか確認します。

  4. 「iPhoneの設定」では「設定」→「Wi-Fi」→オン
  5. 「Macの設定」では「アップルマーク」→「システム環境設定」→「ネットワーク」→「Wi-Fi」をオン
  6. ここまで設定ができたら「Air Drop」使える状態になっているので、写真を相手に送ってみましょう。

「iPhoneで写真」をタップします。

Air Drop設定

「Air Drop」をタップします。

Air Drop設定

下記の画像で「デバイス」を選択します。

Air Drop設定

近くにいる状態だとデバイスに相手が表示されます。

手順は「Mac」も一緒なのでぜひ試してみてください。

「Air Drop」を安心して使うために

「Air Drop」は便利な機能ですが、セキュリティの面で少し不安という方もいるのではないでしょうか。

そんな方は、連絡先に登録している人だけに送ることもおすすめです。

  1. iPhoneの「設定」
  2. 「一般」
  3. 「Air Drop」で連絡先のみを選ぶ

「連絡先のみ」の状態にしていると、連絡先を知っている人とだけ「Air Drop」ができる状態になります。

新しい友人と連絡先を交換する時は、この設定を「すべての人」に変えて「Air Drop」で連絡先交換することも可能です。

Macとiphoneの便利な連携機能をご紹介!(Apple Pay)

iPhoneやMac、iPadなどでオンラインショッピングをする時に、「Apple Pay」を使えば便利にショッピングができます

そんなApple Payも連携が可能です。

以下で設定方法をご紹介します。

Apple Payの設定方法

PASMOやSuicaなどのカード、クレジットカードまたはデビットカードを登録しましょう。

「ウォレットアプリ」で追加を選びます。

Apple Pay設定

「クレジットカード等」を選び、カードをスキャンして登録します。

ト

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。