スマホで見つける、もっと可愛い私

Twitterで質問箱(Peing)を利用する方法を解説!登録方法から退会方法まで紹介

Twitterで質問箱(Peing)を利用する方法を解説!登録方法から退会方法まで紹介

Peing(ペイング)は、Twitterで質問を募集したり、匿名で気軽に回答ができる質問箱です。

この記事では、Peing(ペイング)を知らない人に向けて、概要や特徴、登録方法などを説明していきます。

質問の送り方、回答方法、ブロック機能、退会方法から注意点まで、詳しくチェックしていきましょう!

Contents[OPEN]

【Twitter】質問箱(Peing)のやり方を知りたい!

早速質問箱(Peing)の使い方の紹介に入りたいところですが、まずは基本的な知識から説明していきます。

まだ一度もこのサービスを利用したことがない方は、ぜひここからチェックしてくださいね!

質問箱(Peing)とは

質問箱(Peing)とは、自分専用のURLを貰うことでTwitterなどを通して質問を募集したり回答できるサービスです。

質問箱に登録してURLをツイートすれば、誰からでも質問を受け付けることができます。

また、反対に自分から質問することも可能です。

Twitterで、「フォロワーさんに匿名で聞きたいことがある」なんていう方も多いのではないでしょうか?

ですが、内容的に「直接質問するのが恥ずかしい…」という時もありますよね。

そんなときにPeing(ペイング)を使えば、気軽に質問したり募集することができますよ!

匿名で質問できる!

何といってもPeingの大きな特徴は、匿名で質問できるところです。

ただ、「アカウントを連携させることで、誰が送信したかバレてしまうのでは」と心配になる方も多いでしょう。

ですが、質問を送ったユーザーの名前が受け取った側に公開されることは一切ありません。

Web・アプリ両方使えるよ

Peingは、Webとアプリの両方で使えます。

iPhoneやAndroidユーザーの場合は、アプリをダウンロード・インストールすると便利ですよ。

PCであれば、いつも使っているWebブラウザからPeingのページにアクセスするだけで簡単に使えます。

Twitterの他にFacebookにも連携できるよ

質問箱(Peing)はTwitterでよく使われているので、「Twitterのアカウントを持っていないと使えないのでは?」と勘違いしてしまいがちです。

ですが、実はFacebookでも同じようにサービスが利用できます!

以前はInstagramでも同じようにアカウントが連携できましたが、現在はサポートが終了しています。

ただし、ストーリーズなどにシェアすることは可能です。

この記事ではTwitterでの使用方法を説明していきますが、慣れた方はTwitterだけでなく別のサービスとも連携させて利用してみてくださいね!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。