スマホで見つける、もっと可愛い私

iPadのマイクの位置を調べてみたよ!おすすめの外付けマイクも紹介

iPadのマイクの位置を調べてみたよ!おすすめの外付けマイクも紹介

Contents[OPEN]


【iPad】こんなときは外付けマイクを使おう!

iPadのマイクは、音声入力する分には申し分ない性能を持っています。しかし、高い音質であることが重要になってくる用途では少々役不足であることもしばしばあります。iPadのマイクでは難しい場合、やはり外付けマイクを使うことになります。ここでは、外付けマイクを使った方がいい用途について説明します。

ZoomなどのWebツールを使うとき

自身でオンライン会議を開いたり、オンラインサロンを経営する場合「Zoom」などのミーティングアプリを使用することでしょう。そういったきちんとしたビジネスシーンでは、やはり音質の良い外付けマイクを使用した方がベターです。

可能かどうかという話だけで言えば、備え付けのマイク穴でも問題ありません。しかしこれから顧客を増やしたり、大事なビジネスシーンということを考えるなら、専門の高性能外付けマイクを使った方がいろいろと捗ることでしょう。

動画撮影

動画撮影では「画質」と「音質」はとても重要な要素です。特にYouTubeなどの配信サイトに投稿するなら尚更高画質高音質であることが求められます。

新しいモデルのiPadなら高画質の動画を撮ることが可能ですが、音質についてはどうしても「普通レベル」が限界です。静かな屋内でトークするだけの動画なら問題ないかもしれませんが、雑音の多い屋外の動画ではどうしても役不足になってしまいます。

録音

声ではなく演奏などの音楽の録音をするなら、やはり高品質の外付けマイクを用意しておくのがおすすめです。備え付けのマイク穴でも収録は可能ですが、楽器演奏の繊細な部分の音まではどうしても拾いきれません。

【iPad】外付けマイクの選び方

外付けマイクといってもその数は膨大です。昨今のiPad用外付けマイクは、形も拾える音の性質もバラバラで、用途に合わせたタイプのマイクを購入しなければなりません。ここでは、iPad用の外付けマイクを選ぶ際のポイントをご紹介します。

「モノラル入力」「ステレオ入力」の違い

まずは「モノラルタイプ」か「ステレオタイプ」かについてです。音を収録する環境において、モノラルかステレオかを選ぶのは実はとても重要なことです。

まず「モノラル」ですが、モノラルには「全ての音をまとめて流す」という性質があります。単調でフラットな音を拾うのが得意で、音質をあまり問わないしゃべり声を収録するのに向いています。

一方「ステレオ」は「音をそれぞれ区別して流す」性質があります。細かいレベルの奥行きのある音を収録することが可能で、音質にこだわる動画や歌の録音に向いています。

外付けマイクを選ぶ際、メインで使うのがどんな用途なのかで選ぶとよいでしょう。オンライン会議やテレワークなどのしゃべり声を中心とした用途なら「モノラル」、動画や演奏の撮影などに使うなら「ステレオ」がおすすめです。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。