スマホで見つける、もっと可愛い私

Apple Musicの空間オーディオって何?設定や対応曲の検索方法をご紹介

Apple Musicの空間オーディオって何?設定や対応曲の検索方法をご紹介

「Apple Music」は、9000万曲以上もの楽曲を提供している大人気の音楽サービス。

そんな「Apple Music」には、ドルビーアトモスによる空間オーディオという機能があります。気になっている方も多いのではないでしょうか?

ただ、空間オーディオがそもそもどんな機能で、どのように使えるのかを知らない人もいると思います。

そこでこの記事では、空間オーディオの使い方などについて詳しくご紹介していきます!

気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

Contents[OPEN]


【Apple Music】ドルビーアトモスによる空間オーディオって何?

本題に入る前に、そもそもドルビーアトモスや空間オーディオとは何なのかを知っておきましょう。

また、Apple Musicを今回はじめて利用する人に向けて、基本からおさらいしていきます。

音楽のサブスク「Apple Music」で楽しめる

空間オーディオは、Apple Musicで利用できる機能です。

Apple Musicをサブスクリプション契約している方が利用できます。

空間オーディオは2021年6月に追加されたばかりの新機能なので、対応している曲数などはこれから徐々に増えていく見込みです。

空間オーディオとは

そもそも空間オーディオとは、音が立体的に再生されるように開発された技術のことをいいます。

Appleが独自で「空間オーディオ」と名付けたのですが、SONYが提供している「360 Reality Audio」や、Amazonが提供している「3Daudio」と同じジャンルの機能であるようです。

ちなみに、空間オーディオには「ドルビーアトモス」という高度な技術が用いられています。

空間オーディオを使うと、自分のすぐ近くで演奏されているように感じられるため、とくに音楽好きな方はおすすめですよ。

また、空間オーディオは、スマホやMac、Apple TV 4Kなどでも利用が可能です。

さらに、AppleはiOSを14から15へアップデートする際、Apple Musicへ「ダイナミックヘッドトラッキング」という機能も搭載しました。

空間オーディオよりもよりリアルで立体的な音響を楽しむことができると評判なので、ぜひこの機会に利用を検討してみてください!

POINT

  • 2021年11月現在、ダイナミックヘッドトラッキングは「iOS15」が搭載されているデバイス(iPhone・iPad)と、AirPods ProもしくはAirPods Maxがないと利用できないので注意しましょう。

【Apple Music】空間オーディオが楽しめる機種・条件は?

空間オーディオを楽しむには、利用するための条件を満たす必要があります。

利用するための条件は、デバイスやアプリのバージョンなど、お使いのデバイスによって異なるため注意しましょう。

ここでは分かりやすく、以下の4つのカテゴリに分けて、対応機種や条件について解説します。チェックしてみてください。

  • スマホ・タブレット・PC
  • イヤホン・ヘッドフォン
  • Apple TV 4K

空間オーディオを楽しめる機種《スマホ・タブレット・PC》

まずは、スマホやタブレット、PCの対応機種についてです。

スマホやタブレットの対応機種・条件

デバイスごとに分かりやすくまとめたので、まずは以下をご覧ください。

スマホの対応機種

  • iPhone XR 以降のiPhone端末(iPhone SEを除く)
  • ドルビーアトモスに対応しているAndroid端末
タブレットの対応機種

  • 第3世代以降のiPad Pro 12.9インチ
  • iPad Pro 11インチ
  • 第6世代以降のiPad
  • 第3世代以降のiPad Air
  • iPad mini(第5世代)
  • ドルビーアトモスに対応しているAndroid端末

使っているデバイスが対応機種であることを確認したら、併せてデバイスやApple Musicアプリのバージョンを最新の状態へアップデートしておきましょう!

PCの対応機種・条件

次は、空間オーディオに対応しているPCの機種と、利用するために満たす必要のある条件について紹介します。

PCの対応機種

  • 2018年モデル以降のMacBook Pro
  • 2018年モデル以降のMacBook Air
  • 2021年モデルiMacに内蔵されているスピーカー

Windowsは、残念ながら空間オーディオに非対応です。

対応機種である場合、デバイスのバージョンを最新の状態へ更新することで、空間オーディオを利用できます。

内蔵されているスピーカーで利用できるなんで嬉しいですよね!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。