スマホで見つける、もっと可愛い私

Apple Watchの使い方を解説するよ!基本的な設定方法も紹介

Apple Watchの使い方を解説するよ!基本的な設定方法も紹介

Contents[OPEN]


アプリを起動する

続いてアプリの起動方法を紹介します。

デフォルトであるグリッドでアプリが表示されている場合は、指で画面をスワイプしながら起動したいアプリを見つけタップすれば起動します。

アプリの配列がリスト表示に設定されている場合は、Digital Crownを回すとアプリが上下に移動するので起動したいアプリを探しタップすればアプリが立ち上がります。

【Apple Watchの使い方】Dock画面

Apple Watchには、iPhoneやiPadと同様に「Dock」機能が付いています。

iPhoneの場合は、ホーム画面の下に「アプリの特別席」のように表示されています。

頻繁に使用するアプリを常にこの「アプリの特別席」に常駐させ素早くアプリを起動させるために利用します。

iPadの場合はその目的に加え「Split View」機能で画面を分割するために「Dock」を利用します。

Apple Watchの場合、どんな目的で「Dock」を利用するのでしょうか。

Dock画面とは?表示方法

Apple Watchの場合も、「Dock」の目的は素早くアプリを起動させることです。

ただ、「Dock」はホーム画面には表示されていません。画面が小さすぎるので他のアプリの視界を悪くしてしまうため「Dock」の設置はできません。

Apple Watchの「Dock」は「特別控え席」とも言える別の場所にあります。

表示方法は、Digital Crownの下にあるサイドボタンを押すと表示されます。

Dock

Dockからアプリを追加・削除する

頻繁に使うアプリを「Dock」の中に常駐させておけば、すぐにアプリを起動できます。

小さいApple Watchの画面の中から無数のアプリをかき分けて、お目当てのアプリを探すのは少し面倒なので、「Dock」機能はとても重宝します。

「Dock」にお気に入りのアプリを加える方法を説明します。

操作はiPhoneの「Apple Watch」アプリを使って行います。アプリを開き画面の下に表示されている「マイウォッチ」タブを押しましょう。

画面に表示されている項目の中に「Dock」があるのでタップしましょう。

Dock

画面が変わり「Dock順序」が表示されます。2つのオプションがあるので「よく使う項目」にチェックを入れましょう。

よく使う項目

画面が変わるので、画面右上に表示されている「編集」をタップします。

編集

「Dock」の編集画面になります。画面上段が既に「Dock」に入っているアプリで10個あります。下段は追加可能なアプリです。「Dock」に加えたいアプリを選び「+」を押しながら上段までドラッグして指を離しましょう。

追加

選択したアプリが「Dock」に加えられました。確認したら「完了」をタップしましょう。

Dockへのアプリの追加

続いて「Dock」内のアプリを消去する方法を説明します。

Apple Watchのサイドボタンを押し「Dock」を表示させます。消去したいアプリを指で左に向かってスワイプすると「×」が現れるので、それを押せば消去できます。

消去

Dockからアプリを起動する

「Dock」に入っているアプリを起動させる方法を説明します。

Apple WatchのDigital Crownを回すと「Dock」内のアプリが上下に移動するので、起動させたいアプリを選びタップすればアプリが立ち上がります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。