スマホで見つける、もっと可愛い私

Twitterの永久凍結って何?見分け方や解除方法を解説

Twitterの永久凍結って何?見分け方や解除方法を解説

【Twitter】永久凍結の解除に失敗したらどうなる?

「永久凍結」は、基本的に「凍結」と「解除」を何度も繰り返し、改善する気配が見られない場合に下される最後のペナルティです。

そのため、「異議申し立てフォーム」をしっかり書いて送信しても、承認されて「永久凍結」が解除されない場合もあります。

Twitterが解除の要請を拒否した場合、アカウントはどうなってしまうのかを、これから紹介します。

フォロワーが全部消える

「永久凍結」が解除されないと、アカウントは完全に使用できなくなります。

そのため、フォロワーもすべて消えてしまいます。

新しいアカウントも使えない

この記事で紹介した点ですが、「永久凍結」とはTwitterからの永久追放を意味します。

そのため、新しいアカウントを作ろうとしてもTwitterがそれを許可することはありません。

時間を置いて申請を続け、復活できたケースも

基本的に「永久凍結」からの復活は難しいと言われています。

しかし、時間を置きながら「異議申し立てフォーム」を送り続ければ、Twitterに誠意が伝わり「永久凍結」の解除が行われるかもしれません。

実際過去にこの方法で「永久凍結」が解除されたケースがあります。

大切なのは諦めないこと、そして二度と同じ過ちを繰り返さないことです。

Twitterのアカウントが永久凍結されたら誠意を込めて異議申し立てを行おう!

今回は、Twitterのアカウントが「永久凍結」される原因や対処法を紹介しました。

原因は、どれもTwitterのルールや利用規約への違反行為で、Twitterの処分は納得のいくものです。

大切なことは「永久凍結」なったらどうするかではなく、「永久凍結」にならないようにするため何をすべきかということです。

みなさんもTwitterのルールをしっかりと守り、ペナルティを課されないように注意しましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。