スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】AirDropで動画・画像が送れない!解決法を紹介

【iPhone】AirDropで動画・画像が送れない!解決法を紹介

Contents[OPEN]

【iPhone】AirDropで動画・画像が送れないときの対処法《端末》

iPhoneの設定を見直してもダメなら、端末に一時的な不具合が起きているか、受信側のストレージ容量に問題があるのかもしれません。

この場合は、以下の対処法で改善する可能性があるので、ひと通り試してみて下さい。

  • 受信側のストレージ容量に空きを作る
  • 端末を再起動する
  • OSを最新バージョンにアップデート
  • iCloudに再度サインイン

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

受信側のストレージ容量に空きを作る

AirDropを使えば容量を気にせずにファイルを送受信できますが、受信側のストレージの空き容量が不足しているのが原因でファイルが受信できない場合があります。

AirDropで動画・画像を送れない時は、受信側の端末でストレージの空き容量がどれくらいあるか確認し、容量が不十分な場合は不要なアプリやデータを削除して容量を確保して下さい。

端末を再起動する

端末に一時的な不具合が生じていることで、AirDropが使えない場合もあります。

そんな時は、送信側・受信側の端末を再起動することで正常に動作する可能性があります。

iPhone SE(第二世代)を除くiPhone X以降の場合

  1. 音量調節の「+」ボタン(または「-」ボタン)とサイドボタンを同時に長押しする。
  2. 「スライドで電源オフ」を左から右へドラッグ。
  3. 画面が暗くなったら、サイドボタンを長押しする。
  4. Appleのロゴが表示されたら、サイドボタンから指を離す。

参照:Appleサポート

iPhone SE(第二世代)、8、7、6の場合

  1. サイドボタンを長押しする。
  2. 「スライドで電源オフ」を左から右へドラッグ。
  3. 画面が暗くなったら、サイドボタンを長押しする。
  4. Appleのロゴが表示されたら、サイドボタンから指を離す。

参照:Appleサポート

Macの場合

  1. 画面左上のAppleのロゴをクリック。
  2. 「再起動」をクリック。

OSを最新バージョンにアップデート

旧バージョンのOSを使用していると、AirDropに不具合が生じて動画・画像が送れない場合があります。

AirDropを使う時は、お互いの端末のOSを最新バージョンにアップデートしておきましょう。

iPhoneの場合

  1. 「設定」アプリを起動。
  2. 「一般」をタップ。
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ。
  4. 「ダウンロードとインストール」(または「今すぐインストール」)をタップ。
  5. iPhoneで設定したパスコードを入力。

参照:Appleサポート

Macの場合

  1. 画面左上のAppleのロゴをクリック。
  2. 「システム環境設定」をクリック。
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をクリック。
  4. 「今すぐアップデート」をクリック。
  5. パスワードの入力を求められた場合は、Macの管理者パスワードを入力。

参照:Appleサポート

アップデートが始まったら、終わるまでしばらく待ちましょう。

iCloudに再度サインイン

AirDropを使うにはiCloudへのサインインが必要ですが、iCloudの認証に不具合が生じていることでAirDropが使えないこともあります。

iCloudにサインインしているのにAirDropで送れない時は、一旦iCloudからサインアウトしてから再度サインインしてみましょう。

iPhoneの場合

  1. 「設定」アプリを起動。
  2. 自分の名前をタップ。
  3. 「サインアウト」をタップ。
  4. Apple IDのパスワードを入力したら、「オフにする」をタップ。
  5. iPhoneに残すデータを選択。
  6. 画面右上の「サインアウト」をタップ。
  7. 確認画面が表示されたら、「サインアウト」をタップ。
  8. サインアウトしたら、「iPhoneにサインイン」をタップ。
  9. Apple IDを入力したら、画面右上の「次へ」をタップ。
  10. パスワードを入力したら、画面右上の「次へ」をタップ。

参照:Appleサポート

Macの場合

  1. 画面左上のAppleのロゴをクリック。
  2. 「システム環境設定」をクリック。
  3. 「Apple ID」をクリック。
  4. 「概要」をクリック。
  5. 「サインアウト」をクリック。
  6. Macに残すデータにチェックを入れたら、「コピーを残す」をクリック。
  7. Apple IDのパスワードを入力したら、「続ける」をクリック。
  8. サインアウトしたら、「サインイン」をクリック。
  9. Apple IDとパスワードを入力したら、「サインイン」をクリック。

参照:Appleサポート

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。