スマホで見つける、もっと可愛い私

YouTube動画へのリンクを引用したい!著作権的に問題はあるかどうかを解説

YouTube動画へのリンクを引用したい!著作権的に問題はあるかどうかを解説

YouTube動画のリンク!著作権違反になるパターンは?

埋め込み許可されている動画であっても、次のような動画や行為はYouTubeの規約違反や著作権違反になってしまう可能性があります。

違法アップロードされた動画

他者に著作権がある動画をアップロードすれば著作権違反になるというのは、皆さんもよくご存知かと思います。

現状、YouTube的には著作権違反などの違法アップロードされた動画であっても、ウェブページに埋め込むことはNGとなっていません。

しかし、違法アップロードされた動画をウェブページに埋め込んで拡散させてしまうと、著作権侵害を助けているとみなされて違法と判断されることがあるようです。

違法アップロードされた動画は、絶対にウェブページに埋め込まないようにしましょう。

他の人の肖像権に触れている動画

本人に許可なく撮影された動画は、肖像権に違反する動画となります。

こちらもアップロードすれば違法アップロードとなります。

著作権と同じく、このような動画もウェブページに埋め込むと違法となってしまうことが考えられます。

後々問題にならないためにも、絶対に埋め込まないようにしましょう。

他人の動画データをダウンロードする

許可なく動画データのダウンロードする行為は、YouTubeの規約で禁止されています。

本サービスの利用には制限があり、以下の行為が禁止されています。

本サービスまたはコンテンツのいずれかの部分に対しても、アクセス、複製、ダウンロード、配信、送信、放送、展示、販売、ライセンス供与、改変、修正、またはその他の方法での使用を行うこと。ただし、(a)本サービスによって明示的に承認されている場合、または(b)YouTube および(適用される場合)各権利所持者が事前に書面で許可している場合を除きます。

規約違反がYouTubeに知られると、アカウント停止といった処置がとられることが考えられます。

また、ダウンロードした動画をアップロードすることは、YouTubeの規約も著作権も完全にアウトです。絶対にやめましょう。

YouTube動画のリンク!音楽やPVの著作権は?

YouTubeには、音楽やPVも数多くアップロードされています。

アーティストの公式チャンネルはもちろん、個人でアップロードされている方も数多くいます。

では、音楽やPVの著作権はどんな感じになっているのでしょうか?

YouTube内の利用なら著作権の問題はナシ

公式チャンネルの音楽やPVをYouTube内で視聴する分には何の問題もありません。

もちろん、個人のオリジナル曲やPVも、YouTube内で利用するのは著作権の問題なしです。

ただし、自分のサイトに動画を埋め込むとなると、「YouTubeの規約的にはOK、著作権的にはNG」と、ちょっとややこしいことになることもあるようです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。