スマホで見つける、もっと可愛い私

Google フォトとiCloudの違いは?写真を転送する方法も!

Google フォトとiCloudの違いは?写真を転送する方法も!

大切な写真や動画を安全に保存してなくならないようにするため、バックアップを作成する必要があります。

バックアップをするためにiCloudとGoogle フォトを利用している人も多いかと思います。

ところで皆さんはiCloudとGoogle フォトの違いをご存知でしょうか。

この記事では、iCloudとGoogle フォトの違いや、アップロードしたデータをGoogle フォトからiCloudに転送する方法について解説します。

Contents[OPEN]

Google フォトとiCloudにはどんな違いがあるの?

iPhoneやiPadなどのApple製品を購入すると利用できるインターネットクラウドサービスがiCloudですが、皆さんの多くも利用されているのではないでしょうか。

Android利用者はiCloudが利用できないので、大切なデータのバックアップをするために別のインターネットクラウドを利用します。

それがこの記事で紹介するGoogle フォトです。

Google フォトの優れている点は、iPhoneユーザーでも利用できることです。

まずは簡単に、iCloudとGoogle フォトの違いを簡単におさらいしていきましょう。

iCloudの料金と保存容量

最初に、iCloudの料金プランと保存容量を以下にまとめるので参考にしてください。

保存容量 月額料金
5GB 無料
50GB 130円
200GB 400円
2TB 1,300円

Google フォトの料金と保存容量

続いて、Google フォトの料金プランと保存容量を以下にまとめるので参考にしてください。

保存容量 月額料金
15GB 無料
100GB 250円
200GB 380円
2TB 1,300円

【スマホ】Google フォトからiCloud 写真へデータを移す

iPhoneユーザーの場合、iCloudとGoogle フォトを上手に使えば、たくさんのデータをバックアップできます。

iCloudの保存容量が200GBでも足りない場合、グレードアップするには月額1,300円払わなければならないので、簡単には決断できませんよね。

でも、Google フォトでバックアップできれば、iCloudにアップデートしたデータをGoogle フォトに転送して、iCloudのデータ容量を200GBに抑えられるので節約になります。

ここからは、スマホでGoogle フォトからiCloudに写真やデータを転送する方法を紹介します。

【iPhone】Google フォトからiCloud 写真へ移す方法

最初に紹介するのは、iPhoneで写真やデータをGoogle フォトからiCloudに移す操作方法です。

ホーム画面にある「設定」アプリをタップして開きましょう。

「設定」アプリ

「設定」画面が立ち上がったら、表示されているメニューの一番上にある「ユーザー名」を選択しタップしてください。

ユーザー名

「Apple ID」画面が立ち上がるので、表示されているメニューの中にある「iCloud」を選択しタップしましょう。

iCloud

「iCloud」画面になったら、表示されているメニューの中にある「写真」を選択しタップしてください。

写真

「写真」画面が立ち上がるので、表示されている「iCloud写真」を「ON」に設定しましょう。

iCloud写真

次に、iPhoneに「Google フォト」をインストールしてログインしてください。「Google フォト」のインストールとログインが完了したら「設定」アプリに戻りましょう。画面を下に向かってスクロールしてください。

スクロール

表示されているメニューの中に「Google フォト」があるので選択しタップしましょう。

Google フォト

「Google フォト」の設定画面が立ち上がるので、表示されているメニューの中にある「写真」を選択しタップしてください。

写真

「写真」画面になります。「写真のアクセスを許可」があり、その中に3つの選択肢が表示されているので、「すべての写真」に「✔」を入れましょう。これで写真のデータがiCloudからGoogle フォトに転送されます。

写真のアクセス許可

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。