スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneのPDFファイルはどこに保存される?削除や復元方法も解説

iPhoneのPDFファイルはどこに保存される?削除や復元方法も解説

「iPhoneにPDFファイルを保存したいけど、やり方が分からない…」と困っている方はいませんか?

実は、iPhoneに最初から入っている「ファイル」アプリを使えば、簡単にデータを保存できます。

また、iCloudへバックアップを取ることも可能です。

そこで今回は、iPhoneでPDFファイルを保存する方法を紹介します。

クラウドサービスを使った方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

PDFファイルの保存先は2つ!【iPhone】

iPhoneでPDFファイルを保存できる場所は、以下の2つです。

  • PDFファイルを「ファイル」に保存
  • PDFファイルを「ブック」に保存

それぞれ詳しく見ていきましょう。

PDFファイルを「ファイル」に保存

ファイルアプリは、書類データ(PDFファイル)をファイルにまとめるような感覚で管理できるアプリです。

すぐにデータを見つけ出せるよう、ファイルに名前をつけたり、タグをつけたりすることができます。

iCloud Driveと連携しているので、大切なデータのバックアップを取りたいときにも便利です。

ちなみに、ファイルアプリはPDFファイルだけではなく、MP4形式やGIF形式など他のデータの保存にも対応しています。

インターネットから動画や画像をダウンロードしたいときにも活躍するアプリです。

PDFファイルを「ブック」に保存

ブックは、iPhoneで電子書籍を読めるようにするアプリです。

Kindleアプリのように本を読むために使うアプリですが、PDFファイルを保存したり、編集したりすることもできます。

資料を保管する目的というより、読書用のPDFファイルを保管しておきたいときに使うアプリです。

PDFファイルの保存方法【iPhone】

まず、PDFファイルをiPhoneに保存する方法を紹介します。

  • 「ファイル」アプリに保存する方法
  • 「ファイル」アプリでPDFファイルを表示する方法
  • 「ブック」アプリに保存する方法
  • 「ブック」アプリでPDFファイルを表示する方法

それでは、詳しく見ていきましょう。

「ファイル」アプリに保存する方法

PDFファイルを「ファイル」アプリに保存する方法は、以下のとおりです。

PDFファイルを「ファイル」アプリに保存する方法

  1. Safariで、PDFファイルがダウンロードできるWebページを開きます。
  2. Web上でPDFファイルを開きます。
  3. 画面下の共有アイコンをタップします。
  4. 「”ファイル”に保存」をタップします。
  5. 保存先を選択し、右上の「保存」をタップします。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。