スマホで見つける、もっと可愛い私

dカードをApple Payに登録すると便利!使い方から注意点まで解説

dカードをApple Payに登録すると便利!使い方から注意点まで解説

お買い物でdポイントがザクザク貯まる、NTTドコモ発行のクレジットカード「dカード」。

iPhone・AppleWatchユーザーなら、dカードをApple Payに登録してお買い物に利用できます。

Apple Payにdカードを登録すれば、カードを持ち歩かなくてもデバイスを決済端末にかざすだけでスムーズに支払いが完了するのでとても便利です。

今回は、dカードをApple Payに登録して使う方法・注意点について解説していきます!

Contents[OPEN]

dカードをApple Payに登録するメリットとは

dカードをApple Payに登録するメリットは、主に以下の5つあります。

  • スマホだけで支払いが完了
  • 支払い履歴が残る
  • ポイント還元率が同じ
  • Apple PayのSuica・PASMOにチャージできる
  • Apple Watchでも使えて便利

それぞれ詳しく見ていきましょう。

スマホだけで支払いが完了

Apple Payにdカードを登録すれば、カードを提示する代わりにスマホを決済端末にかざして支払いができます。

カードを提示するためにバッグの中で財布を探す必要はありません。

また、カードの受け渡しも不要で非接触決済できるので、衛生面が気になる人でも安心して利用できます。

支払い履歴が残る

Apple Payに登録したdカードで支払うと、いつどこでいくら使ったのか支払い履歴が残ります。

スマホのdカードアプリから簡単に支払い履歴を確認できるので、今月どれくらい使ったのかすぐ把握できますし、家計簿の代わりとしても使えるでしょう。

また、アプリではdポイント残高やお得なキャンペーン情報なども確認できるので便利です。

ポイント還元率が同じ

Apple Payにdカードを登録して決済した場合でも、dカードを提示して決済したときと同様、利用金額100円(税込)ごとにdポイントが1ポイント付与されます。

また、dカードの特約店なら通常の1%のポイントに加えて特約店ポイントがもらえますが、これはApple Payのdカードで決済した場合も対象になっています。

dカードを提示して決済した場合でも、Apple Payで決済した場合でもポイント還元率は変わらないので、Apple Payにdカードを登録して損することはありません。

Apple PayのSuica・PASMOにチャージできる

Apple Payにdカードを登録すれば、Apple PayのSuica・PASMOに「Wallet」アプリから簡単にチャージできます。

ただし、チャージ可能なのはMastercardブランドのdカードのみで、VISAブランドのdカードは利用できません。

また、Suica・PASMOへのチャージはポイント対象外となっているので注意してください。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。