スマホで見つける、もっと可愛い私

iCloud+とは?新しく追加された機能とアップグレード方法をご紹介

iCloud+とは?新しく追加された機能とアップグレード方法をご紹介

iOS 15のリリースに伴ってiCloudのストレージプランから名称が変更された「iCloud+」。

iCloud+ではストレージを増量できるだけでなく、セキュリティ・プライバシー関連の新たな機能が利用できるようになりました。

今回は、iCloud+で新しく追加された機能やアップグレード方法について解説していきます!

iCloud+とは?

iPhoneユーザーの中には「そもそもiCloud+ってどんなサービスなのか分からない!」という人もいるはずです。

まずは、iCloud+とはどんなサービスなのか詳しく見ていきましょう。

‎iCloud+はApple提供のクラウドサブスクリプションサービス

「‎iCloud+」とは、Appleが提供しているクラウドサブスクリプションサービスです。

iCloud+

これまでiCloudでは、ストレージ容量を増やせる有料プランが提供されていましたが、2021年10月に「iCloud+」という名称で新しく生まれ変わりました。

iCloud+で選べるストレージ容量

Apple IDを持っているユーザーなら、誰でも無料でiCloudのストレージ容量を5GBまで使用できますが、iCloud+にアップグレードすれば容量を増やすことができます。

iCloud+では、以下の3つのストレージ容量の中から選べます。

iCloud+で選べるストレージ容量

容量 月額料金
50GB 130円
200GB 400円
2TB 1300円

iCloudストレージから使える機能が増えた

iCloud+が誕生する前には、iCloudの有料プランが提供されていましたが、このときはiCloudストレージの容量しか増やせませんでした。

しかし、iCloud+ではiCloudのストレージ容量に加え、「iCloudプライベートリレー」や「メールを非公開」といった付加機能も使えるようになりました。

iCloudストレージから使える機能が増えた

月額料金や容量はiCloudストレージの有料プランと変わりありませんが、アップグレードされてからは使える機能が増えたので、iCloudストレージの有料プランと比べてよりお得になっています。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。