スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】Lightningコネクタの液体警告への対処法を解説

【iPhone】Lightningコネクタの液体警告への対処法を解説

皆さんが使っているiPhoneのモデルは何でしょうか。

使用しているiPhoneのモデルがiPhone XR以降の場合、Lightningケーブルをデバイスに接続させ充電しようとすると、Lightningコネクタから水分が検出されたために充電ができない、という警告ポップアップ表示されることがあります。

なぜこのような警告ポップアップが表示されるのか、また表示されたらどのように対処すべきかを、この記事で詳しく解説します。

《iPhone》Lightningコネクタに液体検出!こんなときどうする?

ト

iPhoneはモバイル向けオペレーティングシステムを備えた携帯電話で、「情報端末」と呼ばれる精密機械です。

精密機械にはホコリ、水、衝撃、極端な温度という4つの大敵があります。

iPhoneもPCと同じ精密機械なので特に水や外部からの強い衝撃に弱く、水没や落下などに気をつけないと修理不能なほど故障してしまいます。

ただ、水分がiPhoneの中に侵入してもすぐ壊れない場合もあるので、iPhoneが危険な状態にあるのに、そのことに気が付かない可能性もあります。

iPhoneを水による損傷から保護するため、iPhone XR以降のモデルにはデバイス内に侵入した液体を検出して警告ポップアップを表示させる機能が搭載されています。

この警告ポップアップは、LightningケーブルをiPhoneに挿し込んで充電をしようとすると表示されます。

「充電できません。Lightningコネクタで液体を検出しました」という内容です。

では、それが表示されたらどうすべきなのでしょうか。

これから3つの対処法を紹介します。

ケーブル・アクセサリ類はすべて取り外そう

1つ目の対処法は、挿入したLightningケーブルを取り外すことです。

また、iPhoneに取り付けられたiPhoneカバーを含め、すべてのアクセサリを取り外すことも重要です。

Lightningケーブルを挿入し続ければ、ケーブルに付いた液体がiPhoneの内部に流れ込んでいます。

iPhoneカバーや他のアクセサリにも液体が付いている可能性があるので、すべて取り外しましょう。

iPhoneのコネクタ部分から水分を取り除く

2つ目の対処法は、iPhoneのLightningポート、つまりLightning端子の差し込み口に付いた液体を取り除くことです。

Lightningポートに付いた液体は、放置しても外部に排出されません。

放置すればむしろ付着した液体がiPhoneの内部に流れ込み、さらなる故障の原因となります。

傷口を最小限にとどめるため、Lightningポートに付着した液体は綺麗に取り除きましょう。

iPhoneを自然乾燥させる

3つ目の対処法は、iPhoneを乾燥させることです。

液体が浸入して湿ってしまったiPhoneを乾燥させることはとても大切なことです。

乾かさずに放置すれば、液体はiPhone内部にさらに侵入し基盤などを故障させていきます。

ここで重要なのは、あくまでも自然に乾燥させることです。

人工的な方法でiPhoneを乾燥させようとすると逆にiPhoneの故障の原因となるので、決して行わないようにしましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。