スマホで見つける、もっと可愛い私

Google アカウントのデータをエクスポートする方法について解説♪

Google アカウントのデータをエクスポートする方法について解説♪

Googleでは、ブラウザアプリ・メール・YouTubeなど、数多くのサービスを提供しています。

実は、これらのデータをGoogle アカウントから一気にまとめてエクスポートできる機能があるのを知っていますか?

この記事では、自分のGoogle アカウントに入っているデータのエクスポート方法をご紹介していきます。注意点も併せてチェックしてみてくださいね!

Contents[OPEN]


Google アカウントのデータをエクスポートする目的とは?

まずは「データのエクスポートとは何か?」や「なぜGoogle アカウントのデータをエクスポートする必要があるのか?」などを説明していきます。

データのエクスポートとは?

Google アカウントには、検索履歴やブックマーク、写真などといった個人データが保存されていますが、「データのエクスポート」をすると、これらのデータを端末へダウンロードできます。

データをバックアップする

「エクスポート」は、データをバックアップする際に使うととても便利です。例えば、何かの原因で突然データが消えてしまったときに備えてデータをエクスポートしておくと、万が一のことがあっても安心できます。

こういった機能を全く使い慣れていない方のなかには、「データをエクスポートするとアカウントに保存されている元データが削除されるのでは?」と思うこともあるかもしれませんが、削除などはされないので安心してくださいね。

「エクスポート」と聞くと少し難しく感じるかもしれませんが、「バックアップ」や「元データのコピー」と考えると分かりやすいですよ。

別のサービスへの引き継ぎ

別のサービスへの引継ぎ時も活用できます。例えば「Googleから○○へデータを移行したい」というときに便利です。

移行先のサービスによって引継ぎできるデータは異なりますが、それでもまとめてデータを移せるのでオススメです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。