スマホで見つける、もっと可愛い私

インスタライブの視聴で足跡をつけたくない!対処法を解説♪

インスタライブの視聴で足跡をつけたくない!対処法を解説♪

インスタライブを見たいけど、足跡がついてしまうと嫌だなあと思ったことはありませんか?

できればインスタライブに足跡をつけず、気軽な気持ちで動画を見たいと思っている人は多いはずです。

今回は、インスタライブを足跡をつけずに見る方法について紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

Contents[OPEN]

【インスタライブ】足跡をつけない方法はあるの?

インスタライブを見ると、配信者にも視聴者にも視聴を始めたことが通知されて、いわゆる「足跡」がついてしまいます。

基本的に、インスタライブを見れば足跡がつくことは避けられません。

ここでは、インスタライブにどのように足跡がつくのかを解説していきます!

基本的に視聴すれば足跡がつくよ

基本的にインスタライブを見ると、必ず足跡がつきます。

最初にライブに参加した通知が、画面で表示される仕組みになっています。

メッセージが流れたあとも、配信者は足跡の一覧から確認することができます。

たとえ鍵付きのアカウントでも、足跡はインスタライブを視聴した人すべてに見えてしまうことを頭に入れておきましょう。

足跡の削除はできないよ

インスタライブに参加してしまうと、あとから足跡を削除することはできません。

ライブを視聴すると同時に、「✕✕が参加しました」と動画の画面にメッセージが表示されます。

このメッセージはインスタライブの視聴者すべてに表示されるようになっていて、一度ついてしまうと削除することはできません。

また、配信者へは「✕✕が視聴し始めました」というメッセージが表示されます。

このメッセージは配信者のみに表示されますが、これも削除することができません。

視聴者が多いと足跡がつかないこともある

視聴者が多すぎたり電波状況が悪かったりすると、「✕✕が参加しました」と「✕✕が視聴し始めました」のメッセージが表示されない場合もあります。

膨大な数の参加者がいたり電波状況が悪いと、処理が間に合わず表示しきれないという現象が起きます。

表示されない人が誰になるかはわからないので、その時のタイミングによります。

そこまで視聴者が多いと、参加や視聴の通知メッセージは一瞬で流れて見えなくなってしまいます。

ただし、視聴者が100人以下と少ない場合は、参加した時のメッセージはほぼ確実に表示されます。

参加人数が多くなるにつれ、表示しきれなくなる現象は増えていきます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。