スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneでBluetoothに自動接続する方法!できないときの対処法も解説

iPhoneでBluetoothに自動接続する方法!できないときの対処法も解説

iPhoneには、イヤホンやヘッドフォン、車のカーナビなど様々な機器をBluetoothでペアリングさせることができます。

一度ペアリングさせれば、次回以降はiPhoneとBluetoothで自動接続されます。

今回は、iPhoneでBluetoothに自動接続する方法やできないときの対処法について解説していきます!

【iPhone】Bluetoothを自動接続したい《基礎知識》

まずは、iPhoneでBluetoothを自動接続・解除する方法や接続可能な機器など、基礎知識を一緒に確認していきましょう。

Bluetoothの接続・解除方法

まずは、BluetoothでiPhoneとBluetooth機器を接続・解除する方法を詳しく見ていきましょう。

操作手順

  1. 接続したいBluetooth機器の電源を入れる。
  2. iPhoneで「設定」アプリを起動。
  3. 「Bluetooth」をタップ。
  4. 「Bluetooth」のスイッチをオンにする。
  5. 近くにあるデバイスの検索が終わったら、接続したいBluetooth機器をタップ。

「接続済み」と表示されたら接続完了です。

接続を解除したい場合は、解除したい機器の「i」をタップした後、「このデバイスの登録を解除」をタップします。

解除すると、接続可能なBluetooth機器のリストから削除されます。

一度接続すれば次回から自動接続されるよ

上記の手順でiPhoneと一度接続したBluetooth機器は、次回から上記の設定を行わなくても以下の条件を満たしていれば自動的にiPhoneと接続されるようになります。

  • iPhoneの「Bluetooth」がオンになっている
  • 接続したいBluetooth機器の電源が入っている
  • iPhoneと接続先の機器がBluetoothの通信可能な範囲内(約10m)にある

Bluetoothで自動接続したくない場合は、iPhoneの「Bluetooth」をオフにするか、接続したくないBluetooth機器の電源を切って下さい。

Bluetoothで接続できる機器の種類

iPhoneでは、Bluetoothを使ってイヤホンやゲームコントローラーなど様々な機器と接続できます。

  • AirPods・イヤホン・ヘッドフォン
  • ゲームコントローラー
  • マウス
  • キーボード
  • スピーカー
  • 車のカーナビ

最大7台まで同時に接続できる

iPhoneでは、Bluetoothで最大7台までのデバイスと同時に接続することができます。

ただし、複数の機器を同時に接続するとiPhoneに大きな負荷がかかって接続が不安定になるため、実際に同時接続できるのは3~4台程度になります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。