スマホで見つける、もっと可愛い私

「Miles」ってどんなアプリ?使い方からお得な特典交換までご紹介

「Miles」ってどんなアプリ?使い方からお得な特典交換までご紹介

車や電車、徒歩などどんな手段でも移動するだけでマイルがゲットできるアプリ、「Miles」(マイルズ)。

日本では2021年から提供が始まった新しいサービスですが、その手軽さで早くも話題になっています。

今回はMilesとはどんなアプリなのか、その使い方からお得な特典交換や活用方法まで詳しくご紹介していきたいと思います!


「Miles」ってどんなアプリ?

移動するだけでマイルが貯められると話題のアプリ「Miles」ですが、その仕組みはいったいどんなものなのでしょうか?

まずはじめに、Milesはどのような手段でマイルを貯めるアプリなのかを詳しく説明していきます。

移動距離に応じてマイルが貯まる

Milesは日常の移動でマイルを貯めることができるサービスです。

アプリを起動しなくても、位置情報を常にオンにしておけば自動で移動距離に応じてマイルが貯まるシステムになっています。

マイルを獲得できる移動手段には以下の通りです。

POINT

  • 自転車
  • 相乗り
  • 徒歩
  • ランニング
  • 自動車
  • 電車
  • バス
  • スキー
  • 飛行機

このようにさまざまな移動手段がカウントされるので、通勤・通学による移動でどんどんマイルが貯まりますよ♡

移動手段によって貯まるマイル率が変わる

マイルが獲得できる移動手段は豊富にありますが、その方法によって貯まるマイルの倍率が変わってきます。

ボーナスマイル倍率

  • 徒歩・ランニング→10倍
  • 自転車→5倍
  • バス・電車・船・スキー→3倍
  • 相乗り→2倍
  • 車→1倍
  • 飛行機→0.1倍

ご覧のように環境にやさしい移動手段であるほど、ポイント倍率が良くなっています。

電車・バス通勤、通学の人には嬉しいシステムですね◎

相乗りは、Milesのアプリを登録したユーザーが2人乗車した車で移動している場合にカウントされます。

複数名で車に乗っていても、Milesユーザーが同乗していないと倍率は上がらないので覚えておきましょう。

1マイルは何キロ?

1マイルは約1.6kmです。

マイルを貯めるには1度の最低距離が定められています。

徒歩・ランニングでは2分以上休憩なしで0.2マイル(約320メートル)、その他各移動手段で5分以上休憩なしで0.5マイル(約800メートル)継続して移動しないとマイルが貯まらないので注意しましょう。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。