スマホで見つける、もっと可愛い私

Picsartとは?使い方と危険性・保存できないときの対処法を解説

Picsartとは?使い方と危険性・保存できないときの対処法を解説

Picsartは画像・動画の加工ができる無料のアプリです。

Picsartは無料でありながら使える機能が豊富で、誰でも簡単にプロ級の加工が行えるのが魅力です。

ただ、Picsartの使い方が分からなくて困っていたり、Picsartの安全性に不安を感じていたりする人も多いでしょう。

今回は、Picsartの使い方や危険性、保存できないときの対処法について解説していきます!

Contents[OPEN]


Picsartの使い方《アカウントの作成》

Picsartアプリを起動すると、最初にアカウントの作成画面が表示されます。

アカウントを作成すれば、無料で使える機能を全て使えるようになります。

まずは、Picsartでアカウントを作成する方法を詳しく見ていきましょう。

アカウントの作成方法は4つ

Picsartのアカウントは、以下の4つの方法で作成することができます。

アカウントの作成方法は4つ

  • メールアドレス・パスワードを登録して作成
  • Apple IDと連携して作成
  • LINEアカウントと連携して作成
  • Facebookアカウントと連携して作成

メールアドレス・パスワードを登録する場合は「アカウント作成」をタップ、SNSアカウントと連携して登録する場合は、各SNSのロゴをタップして下さい。

最初はアカウントを作らなくても使えるよ

Picsartアプリを起動するとアカウントの作成画面が表示されますが、画面右上の「スキップ」をタップすることで、アカウントを作らずに利用できます。

「スキップ」をタップ

ただし、アカウントの作成をスキップできるのは、アプリをインストールして初めてアプリを起動したときのみです。

アプリを一度終了してから再起動すると、アカウントの作成画面で「スキップ」が表示されなくなってしまうので、2回目以降の起動ではアカウントの作成・ログインが必須になります。

「スキップ」が表示されない

まずはアカウントを作らずにPicsartを使ってみて、気に入った場合はアカウントを作成して使ってみて下さい。

Picsartの使い方《画面の見方》

Picsartでアカウントの作成・ログインができたら、さっそく画像の編集を始めてみましょう。

まずは、編集画面の見方について解説していきます。

Picsartの編集画面の見方

ホーム画面の「+」をタップして画像を選択すると、編集画面が表示されます。

「+」をタップ

画面下部には、「ツール」「エフェクト」「文字」など画像の加工に使う機能がズラっと表示されています。

画像の加工に使う機能が表示

  • ツール
  • エフェクト
  • 文字
  • レタッチ
  • ステッカー
  • 切り抜き
  • Replay
  • 写真の追加
  • 背景を削除
  • フィット
  • ブラシ
  • 枠線
  • アートレイヤー
  • ペイント
  • フレア
  • 図形マスク
  • フレーム
  • 吹き出し

画面上部の「←」をタップすれば1つ前の操作に戻り、「→」をタップすれば1つ先の操作に進みます。

「←」をタップすると戻る、「→」をタップすると進む

画面上部の「↓」をタップすると、デバイス内に加工した画像をダウンロードして保存できます。

加工した画像をダウンロードして保存

「↓」をタップした後に表示される「その他のオプション」では、LINEやメール、InstagramなどのSNSで共有したり、ファイル形式を選択してデバイス内に加工した画像をダウンロードしたりできます。

「その他のオプション」

画面右上の「次へ」をタップすると、加工した画像をPicsartに投稿して他のユーザーに公開できます。

加工した画像をPicsArtに投稿

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。