スマホで見つける、もっと可愛い私

恋愛が「長続きする人」と「しない人」の大きな違いとは?

恋愛が「長続きする人」と「しない人」の大きな違いとは?

いざ恋人と付き合うことになったら、長続きする人もいれば、いつもすぐに終わってしまう人もいます。

できれば、せっかく実った恋は長続きさせたいですよね。

この両者の間にはどのような違いがあるのかを知っておくのは、永続的な恋愛をしていくうえで大事なポイントでしょう。

そこで今回は、恋愛が「長続きする人」と「しない人」の大きな違いについて紹介します。


見極めが甘い

「やっぱり見た目の好みとかだけで付き合っちゃうと、すぐに終わるパターンが多い気がします。見た目も大事だけど、それだけじゃねえ……」(20代・女性・受付)

付き合う前に相手のことをしっかりと見極めきれていないと、後悔することになるリスクも高まります。

ルックスやスペックしか見ていなかったり、勢いだけで付き合ってしまったりすると、「やっぱり違うな」となる確率は上がるもの。

すべてを見極めるのは難しいですが、自分が付き合ううえで何を重視するのかを整理して、譲れないポイントをいくつか絞っておくといいでしょう。

ドキドキ感を重視しすぎる

「刺激的な恋愛が好きだっていう子は、やっぱりサイクルも早いですよね。でもそういう恋愛を求めているなら、それでいいんだろうなって思います」(30代・女性・販売)

ドキドキ感や刺激も、恋愛においては大事なスパイスになります。

ただ、そればかりを求めてしまうと、いつまでも一緒にいられるような安心感のある恋愛はなかなかできないかも。

じっくりと落ち着いた恋愛をしたいのであれば、刺激がないのを悪いことだと捉えすぎないようにしたほうがいいですよ。

理想を押しつける

「こういう人になってほしいって理想を押しつけるのは、間違いなく嫌がられます。自分が相手からそんなことをされたら、すぐに別れたくなりますもんね」(20代・女性・IT)

「こういう恋愛をしたい」とか「こういう彼氏と付き合いたい」といった理想は誰にでもあるでしょう。

だからといって、それを強引に相手に押しつけるのは、自分のことしか考えていない行動そのもの。

恋愛はふたりでするものなので、自分の気持ちだけではなく、相手の気持ちも尊重しないと、すぐに破綻してしまうだけですよ。

思いのバランスが悪い

「『好き好き』って思いをぶつけすぎるから、私はいつも恋がうまくいかないです。それがわかっているのに、好きな人ができると抑えきれなくなっちゃう……」(20代・女性・飲食)

「思い」が一方的になりすぎると、その恋愛には大きな偏りが生じてしまいます。

関係性を長続きさせるためには、やっぱりいいバランスを保つことが大切。

自分だけが気持ちをぶつけすぎていないか、逆に自分の愛情表現が弱くないかといったことは、こまめにチェックするようにしてくださいね。

さいごに

長続きする恋愛がしたいという人は、今回挙げたポイントをしっかりとチェックするようにしてください。

自分の考え方が変われば、恋愛の形にも変化が起こるようになるはずですよ。

(山田周平/ライター)

カナウ編集部

この記事のライターカナウ編集部
記事提供:カナウ

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。