スマホで見つける、もっと可愛い私

「これだけはしちゃダメ!」男性が冷めるLINE4選

「これだけはしちゃダメ!」男性が冷めるLINE4選

現代ではスタンダードとなったコミュニケーションアプリ、LNE。

このLINEは親交を深めるためにとても便利なツールです。

しかし、便利すぎるがゆえに、男性を引かせてしまうLINEを連発してしまう人もいます。

今回は、百年の恋も冷めるLINE4パターンをご紹介します。ぜひ反面教師にしてください。


男性が冷めるLINE1.追いLINE

まだ返事がきていないのに、追いLINEをするのはNGです。

返事をしていないということは、なんらかの理由があるのです。脈なしなのか、仕事が忙しいのか、返せない状況なのか、なんらかの理由があって彼は返信をしていません。今は、連絡をとりたくないから、返していないのです。

それなのに、追いLINEをしてしまったら、彼の気持ちを無視しているということになります。つまり、彼の都合や意向より、自分の気持ちを大事にしているのです。

追いLINEは男性の気持ちを冷めさせます。とくに、仕事などで忙しいときに、ややこしい内容の追いLINEを送るのは最悪です。「この子は人の気持ちが考えられない、わがままな子なんだな」と彼に思われてしまうでしょう。

男性が冷めるLINE2.しつこい愛情確認LINE

両想いの男性を引かせるLINEもあります。しつこい愛情確認LINEです。自分が相手のことを好きだと伝えるLINEならいいのですが、相手からの好きを強引に引き出そうとする愛情確認LINEは、一種の恐喝です。

愛情表現は、自分がしたいと思うときにするから幸せになるのです。相手から強要されるようになれば、愛情表現はとたんに義務になります。

そして、当初は好きだったはずなのに、愛情表現がダルくなってきて、果ては「あれ、本当にこの人のこと、好きだったんだっけ?」という境地にまでいきつきます。

愛情確認はほどほどにした方が良いでしょう。

男性が冷めるLINE3.根拠のない疑いLINE

根拠なく浮気を疑ったり、相手を責めたりすると、男性をげんなりさせます。

男性を責めるな、とか、責めるときはかわいくへりくだれ、というわけではありません。男性はプライドが高いから…というつもりもありません。女性だってプライドは高いですから、人として、してはいけないことをした場合は、責め、怒りを表現するべきです。

ですが、なんの根拠もないのに相手を疑ったり、責めたりするのはいただけません。「信頼されていないんだな」と思ったら、ふたりの信頼関係はとたんにゆらいでしまうでしょう。

男性が冷めるLINE4.誘われ待ちLINE

片思いの相手とデートしたいけれど、自分から誘う勇気はない。そんなときに、頻繁にどうでもいいことで話しかけたり、誘ってほしそうなオーラを出したりするのは、よっぽど好かれているのでない限りウザいと思われます。

なぜなら、「誘って断られるかもしれない」というリスクを相手の男性に押し付けているからです。デートしたいなら、あなたが断られるリスクをとりましょう。

勇気を出して誘ってきてくれた相手に対して、男性が冷めることはありません。

相手の気持ちを考えてLINEしよう

今回は、男性の気持ちが冷めるLINEを4つご紹介しました。

自分の気持ちばかり優先し、相手の気持ちを無視したLINEは、老若男女問わず嫌われます。

自分の気持ちも、相手の気持ちも、ないがしろにしないコミュニケーションを心がけましょう。

(今来 今/ライター)

カナウ編集部

この記事のライターカナウ編集部
記事提供:カナウ

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。